再婚した元妻に養育費を払いたくない!再婚を理由に養育費の支払いを拒むことはできる?

元妻が再婚したら、養育費の支払いはどうなる?

法律上、子どもの親権者である元妻が再婚をしても、元夫が養育費を支払う義務がなくなることはありません。その理由は、大きく分けて二つあります。

一つ目の理由として、元妻が再婚したからといって、子どもと実父であるあなたとの親子の縁は切れないことが挙げられます。養育費は子どもの福祉と利益を守るための制度ですから、あなたが実の父親として子を扶養する義務を負う限り、養育費は払い続けなければなりません。

また、二つ目の理由として、元妻が再婚しても、再婚相手には連れ子を扶養する義務が発生しないことが挙げられます。元妻が別のパートナーと再婚しただけでは、再婚相手と自分の子どもとの間に法的な親子関係が発生しないので、再婚相手が養育費を負担する必要もないのです。

再婚相手が養子縁組すれば養育費を減免できる可能性も

しかし、元妻の再婚相手と連れ子である自分の子どもが養子縁組をした場合は、再婚相手と子どもの間に法的な親子関係が発生します。つまり、再婚相手は子どもの法律上の親として、その子を扶養する義務(=養育費を負担する義務)を負うようになるのです。

ただし、この場合も、実父の子どもを扶養する義務がなくなるわけではありません。親には子どもに対して、少なくとも自分と同程度の生活水準を保障する義務があります。そのためたとえば、養父である再婚相手に経済力がなく子どもの生活が危ぶまれる場合は、実父であるあなたが引き続き、子どもの養育費を支払わなければならないのです。

とはいえ、再婚相手と子どもが養子縁組をした場合、実父の親としての扶養義務は二次的なものになります。ですから、必ずしも養育費としてこれまで通りの金額を払い続けなければならないわけではありませんし、再婚後の子どもの生活が安定していれば、養育費の支払いそのものが免除されるケースもあります。

元妻の再婚を機に養育費を減免してもらうには?

法律上は、元妻の再婚後も引き続き養育費は払わなければなりませんが、もちろん、養育費を減額すること・払わないことに元妻が納得すれば、あなたが養育費を負担する必要はありません。「相手が再婚するなら養育費を支払いたくない」と思うのであれば、まずは元妻と話し合いの機会を持ってみるのが良いでしょう。

ただし、たとえ元妻が養育費の減額や免除に快く応じてくれたとしても、その事実は必ず文書に、可能であれば法的拘束力のある公正証書に記しておくことをお勧めします。口約束の場合、後から「気が変わったからやっぱり養育費を払って」と言われても、拒めない可能性があるからです。

元妻と話し合いの余地がない場合は、家庭裁判所へ養育費減額調停を申し立てましょう。子どもが再婚相手と養子縁組をしているのであれば、再婚相手の状況にもよりますが、養育費の減免が認められる可能性は高くなります。

調停において元妻が養育費の減免を認めない場合は、自動的に審判手続きへと移行します。審判とは、元妻や再婚相手、元夫であるあなたの状況など、さまざまな事情を考慮したうえで、裁判所が適切に判断を下す手続きです。調停や審判を有利に進めたい場合は、離婚・男女問題に詳しい弁護士へ相談することも検討してみてください。

関連記事