連帯保証人の親も自己破産……奨学金の返済に困ったらどう対処する?

奨学金を滞納するとどうなる?

奨学金を滞納すると、返還期日の翌日から数えた滞納日数に応じて、年率2.5~10%の延滞金が発生します。つまり、何も対策を講じずに奨学金の滞納を続ければ、滞納期間が長くなるだけ返済額もどんどん膨らんでいくのです。

また、滞納期間が3ヶ月に達すると、延滞の情報が信用情報機関に登録され、新たにローンを組むことや、クレジットカードの新規発行などが一定期間できなくなります。さらに、滞納期間が9ヶ月に達すると、奨学金の未返済分+延滞金の一括返済を請求されます。これを拒むと、一括返済の義務は連帯保証人が負うことになります。

連帯保証人は、債務者と同じように借金返済の義務を負っているので、債務者に支払いの意思がないと判断されれば、もっと早い段階で連帯保証人へ支払い請求がなされることもあります。また、債務者自身が、財産や給料の差し押さえといった法的措置を取られることもあります。

奨学金の返済ができないときの対処法

奨学金の返済が難しいときにもっともしてはいけないことは、払えないからといってそのままにしておくことです。奨学金の場合、連帯保証人になってくれるのは両親であることがほとんどですから、もっとも身近で大切な家族に多大な迷惑をかける事態を避けるためにも、延滞する前に相談するのが賢明です。

両親が自己破産しているなどで頼れない事情がある場合は、以下のような救済制度を利用することもできます。

減額返還制度

返還期間を延長する代わりに、毎月の返済額を少なくできる制度です。利息を含めた総支払い額は変わりませんが、月々の経済的負担が減るメリットがあります。ただし、延滞金がある場合は、この制度を利用できないことに注意が必要です。

返還期限猶予制度

災害や傷病、失業、経済的困窮(給与所得者で年収300万円以下)などの事情があるときに、返還期限を先延ばしにしてもらい、一時的に返済を猶予してもらえる制度です。返済は猶予期間の終了とともに再開され、こちらの場合も、利息を含めた総支払い額は変わりません。

どちらの制度も、適用を受けるにはいくつかの条件を満たさなければなりません。詳しくは日本学生支援機構のHPで確認するか、奨学金返還相談センターへ問い合わせてみましょう。

日本学生支援機構(JASSO)HP

http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan_konnan/index.html 

奨学金の返還に関するお問い合わせ

http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/info.html

債務整理は最終手段

制度が利用できず、どうしても奨学金の返済が難しい場合は、法律にもとづいて借金を減らすことができる、任意整理・個人再生・自己破産といった「債務整理」の方法もあります。しかしながら、自分で作った借金を返済する苦労から逃れて借金を減額することが、必ずしも自分自身のためになるとは限りません。

債務整理は最終手段と心得、まずは自分の現在の収支を把握し、削れる支出がないか、毎月の返済額を捻出する方法がないかを模索しましょう。それでも奨学金の返済が難しい、どのように対応すべきかわからないという方は、一度弁護士など法律の専門家へ相談してみるのがおすすめです。

関連記事