夫が売却に応じてくれない!離婚時の財産分与で住宅ローンの残ったマイホームはどう分ける?

離婚時におけるお金の問題で最もやっかいだと言えるのは、マイホームのような不動産の分割です。特にローン残高が比較的多く残っている場合、分割の仕方によっては、妻と夫のどちらかだけが著しく損をすることになるケースも。後々のことを考えると、売却して得た利益やそのほかの共有財産でローンが完済できるならば、売却してしまうのがもっともベストな方法です。しかし、夫婦のどちらかが売却に応じないとなると、問題はさらに複雑に……。どのように対処すべきなのでしょうか?

■離婚する際、マイホームはどう分ける?

離婚の際、財産分与でマイホームなどの不動産を分ける方法は、大きく2つあります。

1.売却し、利益を1/2ずつ分ける
2.売却せず、離婚後も引き続きどちらか一方が所有し続ける

もっとも簡単かつ平等で、離婚後も後腐れがないのは売却してしまう方法です。専門家に評価額を計算してもらい、売却金額から諸経費を差し引いた残りでローン残債を完済できるのであれば、大した利益は残らなくても離婚後にトラブルになる可能性は低くなります。

しかし、マイホームを購入する際、夫婦2人の2本立てでローンを組んでいる場合、ローンも住まいの持ち分も夫婦の名義になるので、相手の承諾なしに勝手に売却することができません。そのため、妻の側がいくら「マイホームを売却したお金でローンを完済し、負債0で新しいスタートを切りたい!」と思っても、夫が離婚後も住み続けたいといえば、妻の独断で売却を進めるわけにはいかないのです。

では、夫がマイホームの売却に応じてくれず財産分与の話し合いがこじれてしまった場合、どのように解決すべきなのでしょうか?

■離婚時に売却しない場合のマイホームの分け方

売却しない場合のマイホームの財産分与の考え方は、主に次の2パターンです。ここでは、離婚時に未払いの住宅ローンが残っており、売却を渋っている夫側が離婚後も住み続ける前提で考えてみます。

1.お互いの名義をそのまま残し、それぞれで残りのローンを払い続ける

たとえば、夫がローン全体の2/3、妻が1/3で2本立てローンを組んでいたとすると、それぞれの負担割合に従って、離婚後も残りのローンを払い続けていくことになります。

手続き上は簡単な方法ですが、妻の側からしてみれば、離婚したにもかかわらず、自分が住んでもいない家のローンを元夫のために払い続けなければならなくなるという大きなデメリットがあります。また、2本立てローンは夫婦のそれぞれが互いの連帯保証人となることが通常ですから、万が一、夫がローンを払わなくなるようなことがあれば、残りのローン全額を支払う義務は妻が負うことになります。

一方で、この方法では、1/3の妻の持ち分に関しては、引き続き妻の名義となります。夫の側からしてみても、離婚した元妻がいつまでも、自分の住んでいる家の一部について所有権を持ち続けることを許容しなければならないのです。

ローン残高が少なく、支払いが比較的短期間で済む場合は選択肢の1つとしてもよいかもしれませんが、支払いが長期に及ぶ場合は、離婚後もトラブルの大きな火種を残してしまうことになるでしょう。

2.夫名義で住宅ローンを借り換え、妻の持ち分を所有権移転登記する

上記のデメリットを解消するには、もともと2本立てだった住宅ローンを夫が妻の分も含めて借り換えることで夫名義に一本化し、妻は自分の持ち分を夫に所有権移転登記する、という方法もあります。ただしこの場合、別途登記費用や、状況によっては夫と妻の両方に税金が課せられる場合もあり、さらに、法律上の手続きもかなり煩雑になります。

このように、不動産の財産分与は、法知識のない一般の方が進めていくには非常に難しい問題です。夫婦で話し合いがこじれているならばなおさら、無理に2人で解決しようとせず、司法書士や弁護士などの専門家に相談し、ローン残高などからもっとも最適な方法を提案してもらうのがおすすめです。

関連記事