親の借金、子どもに返済義務はある?取り立てにあったときの対処法

■親が作った借金に子どもの返済義務はある?

親が作った借金はその人のものです。たとえ子どもであっても、「家族だから」「血がつながっているから」「一緒に住んでいるから」といって、親の借金を返済する義務が発生することは一切ありません。

そのため、貸金業者から親の借金に対して、支払いを求められたり取り立てにあったりした場合も、もちろん応じる必要はありません。しかし、あまりに執拗なときは、金融庁へ連絡するか、弁護士へ相談してみてください。

そもそも、債務者以外に債務者本人の借金の支払いを求めることは、「貸金業法」という法律により禁止されています。「親が困っていれば子どもなんだから助けてあげるのが筋」などと道徳的にその人を非難するような手段を取る貸金業者もありますが、この場合は刑法上の「脅迫罪」や「強要罪」が成立する可能性も。身の危険を感じたら、警察に相談するのもひとつの方法です。

■親が作った借金でも子どもが支払わなければならないケースがある!?

先述のとおり、本来ならば子どもだからという理由で親の借金を返済する義務は一切ないのですが、以下に該当する場合は子どもにも親の借金を返済する義務が生じます。

・親の借金の保証人や連帯保証人になっている場合

先ほど「債務者以外に債務者本人の借金支払いを求めることは違法」といいましたが、この“債務者”の中には、保証人と連帯保証人も含まれています。本人が返済をしない、あるいは、本人に返済能力がなくなった場合に、本人に代わってその人が作った借金の返済義務を負う人が保証人や連帯保証人です。

保証人・連帯保証人はそれぞれ、自身が保証債務・連帯保証債務という借金を背負う債務者です。そのため親が借り入れをしたときに保証人や連帯保証人になっていれば、借りた本人ではないからといって返済義務は免れません。

・親が借金を未返済のまま亡くなり、親の財産を相続した場合

相続財産にはプラスの財産(預貯金や不動産など)とマイナスの財産(クレジットカードの未払い分や借金など)があり、プラスの財産だけを選んで相続することはできません。そのため、死後に親の財産を子どもが相続すると、親の借金の返済義務は相続人である子どもにそのまま受け継がれます。

ただし、相続を放棄すれば、相続人として親の借金の返済義務を負うことはありません。ただし、相続放棄を選択するには、プラスの財産を含むすべての財産を手放さなければなりません。あるいは、マイナスの財産を清算した上で残りを相続する限定承認という方法を取れば、親の借金に関して子どもが自ら金銭的な負担をする必要はなくなります。

■子どもが自ら親の借金を肩代わりするのはOK

親の借金に関しては、貸金業者などお金を貸している側から子どもに支払いを無理強いすることは違法です。しかし、子どものほうから申し出て、親の借金を代わりに払ってあげることは可能ですし、きちんと返済としても認められます。

とはいえ借金の金額によっては、子どもが肩代わりしてあげるとはいっても限度もあるもの。特に親が老後に作った借金などになると、本人にはほとんど返すあてもないでしょうから、返済は困難を極めます。

「親の借金をどうにかしてあげたいけれど、自分にはどうにもできない」そんなときには、法律に則って合法的に借金を減らせる「債務整理」という手続きを検討してみましょう。債務整理には任意整理・個人再生・自己破産といくつか種類があり、どの方法を選択すべきなのかは借金の状況などによって異なります。

最終的に債務整理をするかどうかは本人次第ですが、各法律事務所では無料の法律相談も行っています。親を説得する方法を含め、親の借金に悩んでいることを一度専門家へ相談してみるのもおすすめです。

関連記事