夫の不倫が発覚!相手も既婚者だった場合の慰謝料請求はどうなる?

■夫がダブル不倫!慰謝料を請求する権利は誰にある?

そもそも慰謝料とは、法律に違反する行為によって自分が受けた精神的苦痛に対して、相手に金銭での補償を求めることをいいます。夫婦には法律上、お互いに貞操を守る義務がありますから、夫に不倫をされたら、あなたは夫とその不倫相手に対して慰謝料を請求できます。

しかし、夫の不倫相手が既婚者だった場合、いわゆるダブル不倫の関係では、あなたと同じ、“配偶者に不倫をされた被害者”の立場にあたる人がもう1人存在することになります。不倫相手の夫も、不倫によって夫婦関係を壊された、そして、それにともなう精神的苦痛を受けた被害者です。そのため当然に、自分の妻と妻の不倫相手であるあなたの夫に対して、慰謝料を請求する権利を持ちます。

■ダブル不倫で不倫相手に慰謝料を請求したい場合のポイント

夫の不倫相手が既婚者であろうがそうでなかろうが、あなたにとって不倫により夫婦関係を壊された事実は変わりません。「このままでは腹の虫がおさまらない!」と、不倫相手に対して慰謝料を請求してやりたいのも無理はないでしょう。

しかし、夫の不倫相手が既婚者だった場合に不倫相手へ慰謝料を請求するかどうかは、今後の生活や現在の自身の立場などを踏まえて、冷静に判断しなければなりません。

●不倫相手へ慰謝料を請求しても問題ないケース

あなたが不倫をきっかけに夫と離婚するつもりであれば、夫の不倫相手に慰謝料を請求しても何ら問題はありません。もちろん、あなたの夫が不倫相手の夫から慰謝料を請求される可能性はありますが、不倫に対して責任を負っているのはあくまで夫自身です。相手方からの慰謝料請求に対して、あなたが何らかの責任を負うことは一切ありません。

●不倫相手への慰謝料請求を思いとどまったほうがよいケース

一方で、不倫の発覚後もあなたに夫と離婚をする意思がない、あるいは、子どもがいることからすぐには離婚できないなどの事情がある場合には、不倫相手への慰謝料請求にはあまりメリットがないばかりか、大きなリスクがともないます。

夫と婚姻関係を継続するからといって、不倫相手があなたに対して慰謝料を支払う義務がなくなるわけではありません。そのため、慰謝料を請求できる事実自体は変わらないのです。しかし、特に相手方にも離婚の意思がない場合、あなたが不倫相手へ慰謝料を請求したことをきっかけに、今度はあなたの夫が、相手の夫から慰謝料を請求される可能性があります。

もちろん、「あなたの責任だから自分でなんとかしてね」と、夫が慰謝料を請求されても一切関与しないという姿勢を取ることは可能でしょう。しかし、たとえばお互いの財布をきっちり分けていたとしても、夫婦である以上夫が支払う慰謝料には家庭から出て行くお金という側面がありますし、金額によっては、実際に家計にも響くことになってしまいます。

まとめ

ダブル不倫でそれぞれの配偶者がお互いに慰謝料を請求し合う状態になったときは、「自分の夫よりも不倫相手のほうに非がある」という事実を客観的に証明できない限り、相手から慰謝料を取ることはできません。そして、自分の夫にも一定の過失がある以上、その証明は困難だといわざるを得ません。

「そうはいってもこのまま泣き寝入りするのは悔しい!」という方は、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。ダブル不倫でも不倫相手から慰謝料を取れる状況か、請求できるとしたらいくらくらいになるのか、法的な側面から客観的に判断してくれるはずです。

関連記事