兄弟姉妹間の遺産分割でもめないために。知っておきたい土地相続の知識

■土地相続でトラブルを避けるには「換価分割」か「代償分割」が望ましい

遺産分割にはいくつかの方法がありますが、中でも一般的なのが「現物分割」という方法でしょう。現物分割とは名前のとおり、相続財産をそのままの形で特定の相続人が受け継ぐことを指します。たとえば、土地・建物は長男へ、預貯金は長女へ、株や有価証券は二男へ、といった形です。

遺産分割の方法として現物分割がもっとも多くとられるのは、誰がどの財産を受け継ぐのかがわかりやすく、かつ、故人の財産をそのまま残せるからです。しかし、たとえば土地・建物の価値と残された預貯金との差額があまりに大きいケースなどでは、現物分割では公平性が損なわれ、遺産分割協議が進展しないこともあります。

そこで、兄弟姉妹間の相続でなかなか話し合いがまとまらない場合にとれる有効な遺産分割の方法が、「換価分割」と「代償分割」です。

【換価分割とは】

換価分割とは、土地・建物や自動車、絵画や骨董品など、そのままでは分割できない相続財産を売却し、お金に換えて分割する方法です。ローンなどの負債が残っている場合は売却益から支払い、さらにそこから財産を売却するときにかかった経費を差し引いて、残りをそれぞれの相続分に従って分配します。

相続財産をすべてお金に換算するこの方法は、もっとも公平性が高く、後にトラブルになる可能性も比較的低いといえます。一方で、代々受け継いできた土地などであっても、売却することで失われてしまうデメリットがあります。

【代償分割とは】

代償分割では、土地と建物は長男へ、預貯金は長女へといったように、財産をそのままの形で特定の相続人が相続する点は現物分割と同じです。しかし、たとえば、長男が2,000万円の価値のある不動産を、長女が1,000万円の預貯金を相続するとなった場合は、長男が長女に対して、差額の1,000万円を別の資産で補てんします。

代償分割は、公平性を保ち、かつ故人の財産をそのまま受け継ぐことができる遺産分割の方法です。ただし、財産の価値を金銭に換算したとき、より価値の大きい財産を相続するほうに資力(差額を補てんできるだけの財産)があることが条件となります。

■特定の相続人の相続分が減るケースと増えるケース

遺産分割は、遺言書がある場合はその内容に従って、遺言書がない場合は法律で定められた法定相続分に従って行うのが一般的です。しかし、特に兄弟姉妹間での相続では、特定の相続人が自身の相続分の増額や、他の相続人の相続分の減額を主張してくるケースがあり、これがトラブルのもとになることも少なくありません。

法律上、実際に相続分の増額・減額が認められるケースは次のとおりです。

【相続分が増える「寄与分制度」について】

寄与分制度とは、相続人のうち故人の家業を手伝ってきた人、故人の看病や介護を担ってきた人などに対し、その貢献度に応じた別枠の相続を認める制度です。生前に、故人の財産の維持に貢献したことが認められれば、法定相続分に上乗せして財産を受け取ることができます。

【相続分が減る「特別受益」について】

特別受益とは、簡単にいえば「相続財産の前渡し」です。たとえば、次のような事例が特別受益にあたります。

・生前に住居として実家を譲り受けた

・マイホームを購入する際に故人から資金を援助してもらった
・生活費の足しとして故人から仕送りをもらっていた

このように、生前にいく分かの財産を受け取っていた相続人は、法定相続分から特別受益分の財産が差し引かれた上で相続することになります。

寄与分制度や特別受益が認められるケース、また、それにともなう相続分の増減の割合に関しては、きちんと法的な決まりや基準があるわけではありません。スムーズな遺産分割協議のためにも、弁護士や司法書士など法律の専門家へ相談するのがよいでしょう。

関連記事