農地を相続したら? トラブルなく遺産分割を進める方法

「父が亡くなり、広大な農地が残されたものの、弟は宅地にしたいから農地を分けろと主張。長男の私は農業を継ぎ、弟は農業とは無関係の仕事。どうすればいいか…」

せっかく家族が残してくれた遺産だからこそ、トラブルなく引き継ぎたいと誰しもが思うもの。しかし、家族だからといって同じ考えを持っているとは限りません。そこで、今回は遺産分割をトラブルなく進めるために、遺産分割の割合や分割方法、また遺産分割の流れまで、まとめてご紹介します。



■遺産は「誰が」「どの割合」で相続するの?

民法では、残された家族の生活を保障するとともに、実質的な公平の見地から、具体的に遺産を相続する人の優先順位と割合が、以下のように定められています(民法900条)。

・第1順位:直系卑属(子)1/2の割合 ・ 配偶者1/2の割合 

※子が既に死亡していれば、子の直系卑属である孫などが代わりに相続します。

・第2順位:直系尊属(父母や祖父母など)1/3の割合 ・ 配偶者2/3の割合

・第3順位:傍系の血族(兄弟姉妹や甥・姪など)1/4の割合 ・配偶者3/4の割合

なお、第1順位の相続が行われれば、第2順位以下の相続はありません。

今回のケース(遺言がなく、母親がいる場合)であれば、配偶者である妻(当事者からみれば母親)が1/2の割合、長男(農業継承)が1/4の割合、次男(農業とは別の仕事に従事)が1/4の割合で、遺産を分割することになります。



■遺産分割の方法

民法906条では、「遺産の分割は、遺産に属する物又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、職業、心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮してこれをする」と遺産分割の基準を定めています。それでは、実際に「遺産」をどのようにして分割するのでしょうか。

●分割の方法は3つ!

遺産分割の方法は3つあります。

(1)現物分割

遺産をそのままの形で分割します。例えば、複数の遺産がある場合は、貯金は長男に、株式は次男にといった具合に分ける方法です。ただ、配分された遺産の価額が全く同一というわけにはならないので、不公平が残る部分もあります。なお、土地の場合に、全員のものにする「共有」の場合も現物分割といえます。

(2)換価(価額)分割

遺産を売却し、お金に換えて分割します。現物での分割ができない場合や、現物を分けると一体化したその価値が下がる場合は、分割せずにそのまま売却してお金に換えた方が、より多くの遺産となるため、この方法を取るようです。

 

(3)代償分割

現物を分けられない場合、特に農地や商店など小さくすれば事業に影響があるなど、細分化に適していない場合には、遺産の現物を特定の人物が取得し、その取得者が自分の相続分以外を金銭で支払うという分け方が多いようです。

●「農地」の分割方法

今回のケースの遺産は「農地」です。農地の場合は、「共有」にして持ち分を使用するか、売却して金銭に換える方法などがあります。ただ、長男が農業を継承しているため、農地の広さがそのまま収穫高に影響することを考慮すれば、長男が農地をそのまま取得し、他の相続人に対して金銭を支払う「代償分割」が望ましいといえるでしょう。



■遺産分割の流れ

それでは、上記のような遺産分割にするため、どのように進めていけばいいのでしょうか。

●相続人同士の話し合い(遺産分割協議)

まずは相続人全員で話し合うことから始めます。

今回のケースであれば、農地を分割して宅地にしたいと申し出ている次男に対して、農業を継承しているため、農地が必要だということを話し、次男の相続分につき現金を支払う「代償分割」の方法を提案して交渉します。

話し合いが不安な場合は、弁護士などの専門家に相談をするのも一つです。当事者だけであれば感情的になる場合もあり、話し合いの場に同席してもらうことも可能です。

●家庭裁判所の「遺産分割の調停又は審判の手続」

話し合いが難航し、互いの主張に折り合いがつけられない場合は、家庭裁判所の「遺産分割の調停又は審判の手続」を申し立てることになります。

「調停」では、調停委員が各相続人から事情や希望を聴き、遺産についての鑑定を行う場合もあります。全ての事情や資料を総合的にみて、助言や解決案が提示され、合意となれば、分割手続きに入ります。

合意に至らなかった場合は、自動的に審判手続が開始され、裁判官が審判をすることになります。



遺産分割は、家族間で話し合って行われるものです。遠慮のない関係だからこそ、余計にこじれる場合もあります。逆に、弁護士などの専門家に依頼し、第三者として話し合いを進めてもらうことも可能です。様々な選択肢を検討する前に、早めのご相談をお勧めします。

関連記事