最近よく聞く「事実婚」の定義って?

有名人絡みのニュースで耳にすることが多くなった「事実婚」という言葉。最近では、一般の人にも浸透してきました。事実婚とは、籍は入れていないけれど夫婦のように暮らしているカップルのことを指しますが、籍を入れている、いわゆる法律婚のカップルと法的にどのような違いがあるのでしょうか。また、事実婚に法律的な定義はあるのでしょうか?

一緒に住んでいれば事実婚なの?

お互いを人生のパートナーとして認め合い、共同生活を送っていることが事実婚として認められるための定義だといえます。重要なのは共同生活を送ること、つまり家計を一緒にしているとか、家事を分担しているという事実が必要です。たとえ交際期間が長くても、別居をしていれば事実婚と認められることは難しいでしょう。

また、事実婚をしているカップルは自分たちの信念で「あえて籍を入れない」ことを選択しています。籍を入れていないこと以外は「自分たちは結婚している」という意識をもっていますので、互いの家族や友人にも二人の関係をオープンにしています。そのため、自然に周囲からも夫婦として認知されているようです。

結婚との違いは?

事実婚は法律婚に準じる制度として、法的保護が与えられるようになってきました。実際に生活していく上で困ることはほとんどなくなってきたようですが、やはり法律婚と違って保護されない面も。

例えばパートナーに万が一のことがあったときに、遺産を相続することはできませんし、所得税や住民税の配偶者特別控除も適用されません。子どもが生まれた場合は、子どもは母親の戸籍に入り母親が親権をもつことになります。つまり、父親とは違う姓を名乗らなければならず、親権の共有ができないのです。

このように事実婚は法律婚と異なり、社会生活に制限があるようにもみえます。しかし、「パートナーに遺産を遺したい」と思えば、遺言書を作成すればパートナーに自分の財産を遺贈することができますし、税制上の優遇も互いが自立していればさほど大きな問題ではありません。ただし、子どもが生まれることにより事実婚のデメリットを実感するカップルは少なくないようです。

結婚はイヤ!でも携帯の「家族割」とかは利用したいな……

先ほどの事実婚の定義である「共同生活を送る」ことをしているならば、事実婚のカップルは住民票を同じ世帯にすることができます。世帯主との続柄も「同居人」や「妻または夫(未届)」など、自分の好みで選択することができます。また、子どもがいる場合も「子」として届けることができ、一つの家族として認められるのです。

その結果、住宅ローンをパートナーと共同で組めるほか、携帯電話のサービスにある「家族割」も適用できます。また、生命保険会社によって対応は異なりますが、生命保険の受取人に指定ができることも。届け出自体は、居住地の役所で転入届などと同様の形式で行えますので、事実婚を公に証明できる手段として選択する価値はありそうです。

まとめ

法律婚に比べて、事実婚には一見するとデメリットが多くあるようにも見受けられます。でも、籍を入れていないことがメリットになることもあります。たとえば女性は苗字が変わることがなく、その関係性も解消したときも周りには知られません。銀行口座や、契約書類の名前を変更する必要がないのも事実婚ならでは。パートナーと生活してみて、互いのことを深く知ってから籍を入れるという前段として考えてみてもいいのかもしれませんね。

参考:

「パートナーシップ・生活と制度――結婚、事実婚、同性婚」杉浦郁子、野宮亜紀、大江千束(緑風出版)

関連記事