CMでお馴染みのカードローンでも過払い金の返還請求ってできる?

有名タレントを使ったカードローンのCMを見かける機会は多いですよね。一方で払い過ぎた利息分を返還できるとうたったCMも増えていますが、どのようなローン会社の金利でも返還請求できるものなのでしょうか。

過払い金が発生することになったグレーゾーン金利とは

グレーゾーン金利とは、平成22年に法改正される前の出資法の上限金利(29.2%)と利息制限法の上限金利(15%~20%)の間の金利のことをいいます。利息制限法の上限は超えていても罰則規定のある出資法の範囲内の金利であるため、はっきり違法(=ブラック)とはいいきれず、グレーゾーン金利という名前がついている金利です。以前は大手カードローン会社の多くがこのグレーゾーンで営業をしていました。グレーとはいえ、利息制限法の上限を超える違法な金利ですから、過払い金として払った利息は返してもらえます。

img_439_00.gif

しかし、法改正により出資法の上限金利が利息制限法まで引き下げられ、グレーゾーン金利が撤廃されました。これにより、上限金利は利息制限法で定められた水準(貸付け額に応じて15~20%)となっています。これを超えた金利をとるローン会社は違法なブラック企業です。

img_439_01.gif

テレビのCMで見かけるようなカードローン会社は法改正のあった平成22年6 月より利息制限法で定められた水準で契約しており、平成22年6月以降に借りたお金について過払い金が発生することは基本的にはありません。

すべての借金に過払い金があるわけではない

「カードローンで長い間お金を返していなかったっけ?払いすぎたものは返してもらわなくっちゃ!」と思った方、ちょっと待ってください! カードローン会社からの借金すべてに過払い金があるわけではないのです。

利息制限法の上限を超えた金利(15~20%)での契約

グレーゾーン金利=利息制限法の上限金利を超えて払っていた利息がなければ、そもそも過払い金はありません。先ほども説明したように、グレーゾーン金利撤廃の法改正が行われてから、カードローン会社は利息制限法内の利息(貸付額に応じて15~20%)に抑えた契約をしています。そのため、法改正のあった平成20年以降に新しく契約し場合も過払い金は発生していないといえます。

また、カードローン会社からの借金でも、銀行が行っている銀行カードローンは元々法定内利息で営業していたため、過払い金が発生しません。銀行の子会社やグループ会社が運営しているDCキャッシュワン(三菱東京UFJ銀行系)・モビット・アットローン(三井住友銀行系)なども同様に過払い金が発生していない可能性が高いです。

最後に返済した時点から経過して10年未満

過払い金請求も10年の消滅時効によって消滅してしまう期限付きの権利です。過払い金が発生していても、最後に返済してから10年以上経っていると、残念ながら払いすぎたから返せとはいえなくなってしまっています。

まとめ

過払い金が発生するのは、グレーゾーン金利と呼ばれる利息制限法を超える金利を払っていた場合です。ご自身のカード会社の金利をまず調べてみましょう。

平成22年6月以降に新しく借りた場合、もともと法定利息内で営業をしているカードローン会社から借りた場合は、過払い金は発生しません。また、完済後10年以上経過している場合は、過払い金を取り戻せません。

過払い金が取り戻せるかもしれないと思った方は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

参考:

  • 過払い金請求ナビ│過払い金が発生しないケース(まとめ)
    http://www.aizawa-office.jp/blog/daihyou/kabarai-about-260702/
  • 法テラス│グレーゾーン
    http://www.houterasu.or.jp/service/shakkin/gray_zone/faq1.html

関連記事