「内縁の妻」にも自分の遺産を相続させたい

入籍はしていないけれど、寝食を共にして夫婦のように暮らしているカップルは少なくありません。このような内縁関係にあるカップルの夫が亡くなった後、内縁の妻に夫の遺産を相続させることは可能なのでしょうか。

そもそも内縁関係ってどういうもの?

そもそも内縁関係とは、一緒に暮らしてさえいれば成立するものなのでしょうか。民法上では、婚姻は戸籍法に定める届出を行うことにより効力が生じると定められています。つまり、入籍してはじめて法律上の夫婦として認められるということ。実質的には夫婦として生活しているけれど、入籍していないカップルは法律上の夫婦とはいえません。このようなカップルの状態が内縁関係です。なかには、ドラマや映画でよく見られるように、妻や夫という法的なパートナーがありながら、別の相手と内縁関係になっているケースも見受けられます。

内縁の妻に相続権はない

では、内縁関係にある夫が亡くなった後、内縁の妻は夫の遺産を相続できるのでしょうか?この点が法律上の夫婦と内縁関係のカップルの一番大きな違いといえます。法律上の夫婦の場合、夫が亡くなると、原則として妻には一定の割合で夫の遺産を相続する権利があります。しかし、内縁の妻には夫の遺産を相続する権利がありません。

遺産を譲るためには遺言書を書いておこう

では、内縁関係にある夫が亡くなった後、内縁の妻に夫の遺産を譲るためにはどうすれば良いのでしょうか? 内縁の妻が夫の遺産を譲り受けることができる可能性があるのは次の2つの場合です。

  • 特別縁故者に対する財産分与が認められた場合
  • 内縁関係にあった夫が遺言書を残していた場合

まず特別縁故者とは、亡くなった人には相続人がいない場合に、亡くなった人と特別な関わり合いがあったとする人のことをいいます。民法上、特別縁故者となる可能性があるのは次の要件のいずれかを満たす人です。

  • 被相続人(亡くなった人)と生計を同じくしていた者
  • 被相続人(亡くなった人)の療養看護に努めた者
  • その他被相続人(亡くなった人)と特別の縁故があった者

内縁の妻は、家庭裁判所へ「自分は特別縁故者に該当するから亡くなった内縁の夫の遺産を私に分けて下さい」という申立てをすることができます。しかし、内縁の妻が特別縁故者に該当するとしても、必ずしも、すべての遺産を譲り受けることができるわけではありませんのでご注意を。特別縁故者である内縁の妻が夫の遺産を譲り受けられるのは、家庭裁判所が認めた範囲の財産に限られてしまいます。そのため、内縁の妻が夫の遺産を譲り受けることができないケースもあります。

次に、内縁関係にあった夫が内縁の妻へ遺産を相続させる旨の遺言書を残していた場合、遺産を譲り受けることができます。ただし、すべての遺産を譲り渡す旨の遺言書を残していたとしても、法律上権利を認められた夫の相続人から「法律で認められている一定の割合の相続分(遺留分)を返してください」と請求されるケースもあります。そのため、内縁の妻へ遺産を譲り渡す旨の遺言書を作成する際は遺留分に配慮して作成する必要があります。

まとめ

内縁関係にある夫が亡くなった場合、内縁の妻には相続権がありません。夫が内縁の妻に遺産を譲り渡したければ、遺留分に注意して内縁の妻へ遺産を譲り渡す旨の遺言書を書いておくことをおすすめします。

文:丹所美紀(行政書士)

参考:

  • 裁判所|特別縁故者に対する相続財産分与

関連記事