パチンコで作った借金でも債務整理できる?

パチンコや競馬などのギャンブルにのめり込み、作ってしまった多額の借金。人生をやり直すために、債務整理するのもひとつの方法ですが「自分の遊びの為に作った借金なのに、払わないで済むなんておかしいだろう!」というのが世間一般の声だと思います。このような浪費で膨らんだ借金でも、債務整理することはできるのでしょうか。

債務整理のポイントになる「借金の理由」

積もり積もった借金、いわゆる債務を返すことができない場合、破産せざるを得ないことになります。破産すれば「それ以後は債務を返済しないでも良い」と、裁判所が認めてくれます。これを「免責」といいます。勤めていた会社が倒産して生活費が苦しくなって借りてしまった、高額なエステを受けるためにローンを組んでしまった……などの理由でした借金が返せずに苦しくなって破産する、というのは免責を得ることができるから、非常に大きい意味があるのです。

しかし、パチンコのようなギャンブルの為に借金をした場合、裁判所は簡単には免責を認めてくれません。遊びの為にした借金についてまで、返さないで良いとするのは問題だというわけです。もし、借金の一部だけがギャンブルによるものだったら、かなり多くの部分が事実上ギャンブルによるものであっても、免責が認められる可能性はあります。その意味では、ギャンブルによってできた借金でも諦める必要はありません。

とはいえ、一般的に借金の理由によっては免責が認められないということは、肝に銘じておく必要があります。安易にお金を借りて「借金しても払わなくていいんだ」と考えないことです。

ギャンブルは止めるという強い意志も必要

そうはいっても、ギャンブルでできた借金を抱える人にも救済の措置はあります。裁判による破産、免責が難しくても、任意整理で借金の相当部分を免除してもらうことも可能です。このような場合には、完全に払わなくても良いことにはならず、引き続き借金の一部を返済していくことが必要になります。しかし、せっかく借金の一部を免除してもらっても、相変わらずギャンブル生活を続けている限り、事実上返済への道のりは険しく、家計の正常化は困難だといえるでしょう。債務整理をして本気で新しい生活に踏み出すのならば、ギャンブルとは手を切る、という強い意志の力が必要になることは間違いありません。

まとめ

ギャンブルによる借金でも、債務整理して再出発をすることは可能です。しかし、債務を整理するだけでは人生をやり直すことにはなりません。まず「ギャンブルは止める」「二度と手を出さない」という強い意志をもつことが必要となるのです。

文:大山滋郎(弁護士)

関連記事