どう違う?交通事故の示談金と慰謝料

自動車は、通勤や買い物、移動にレジャーなど様々な用途に使用できるものであり、仕事のみならず、生活にもかかせない必需品とも言えます。一方、自動車を運転していると、ちょっとした不注意が、重大な事故をもたらしてしまうこともあります。このように、不注意で事故を起こしてしまった場合、示談金や慰謝料を被害者に支払ったという話を耳にしませんか? このふたつ、どのような違いがあるのでしょうか。

示談金と慰謝料はどう異なるの?

示談金と慰謝料、これらはどのように異なるのでしょうか。法律上、明確な定義はありません。示談金は事故の解決に必要な全てのお金、慰謝料は精神的損害に対する賠償金と考えれば、十分です。

交通事故を起こした場合、様々なお金が出て行ったり、逆に入るべきお金が手に入らなかったりします。例えば、自動車の修理費や通院費、治療費、さらには仕事を休んだために手に入らなかった収入(休業損害)、事故の後遺症や亡くなったことで将来的に手に入らないであろう収入(逸失利益)です。これ以外にも、事故のせいで精神的なショックを受けた分の慰謝料など色々あります。

示談とは、交通事故によるトラブルを解決するための手段です。ですから、示談金とは、一般的には、交通事故によって発生した全ての賠償金を含むことになります。

一方、慰謝料とは精神的損害に対する賠償金とされています。法律では、財産的損害以外の賠償も認められています。

この財産的損害以外の損害こそが、慰謝料です。財産的損害以外と言えば、分かりにくいですが、一番のメインは精神的損害です。精神的なショックを受けて、それを賠償するためのお金です。厳密にいうと、慰謝料は精神的損害を含む無形的な損害全てとなり得ますが、一般的なイメージや実際に問題となる点でも、精神的損害への賠償金が一番多いのが現状です。

支払いまでの流れ

では、示談がまとまって、「示談金」が支払われ、交通事故が解決するまでどのような流れになるでしょうか? 実際に示談交渉を行うのは加害者側の保険会社で、被害者側は保険会社の話を聞き、最終的な判断をすればよいだけです。

加害者側は通常、任意の自動車保険に入っており、当然示談金も保険から支払われます。示談交渉については、保険会社が担当することになっています。

もっとも、保険が適用されない案件もありますが、ちょっとした不注意事故の場合には、そのようなことはないでしょう。

一方、被害者の側は、原則、自動車保険の対象にはなりません。但し、入っている保険会社には連絡して相談しましょう。なぜなら、被害者の側にも過失がある場合には、自分の自動車保険が適用されますし、人身傷害保険に入っているなど別の保険が対象となる場合もあるからです。

保険の適用があれば保険会社が交渉し、そうでなければ、自分または雇った弁護士が交渉します。

まとめ

示談金は交通事故によって発生した全ての賠償金を指しますが、慰謝料はその一部分である精神的損害の賠償金と考えれば十分でしょう。また、交通事故を起こしても遭っても、保険会社に連絡するのをお忘れなく。

文:竹内亮平(弁護士)

関連記事