夫の不倫相手に慰謝料を請求することはできるの?

夫の浮気が発覚! 「ごめん、もう二度としない!」と、当人も反省していることから離婚はしないけれど、不倫相手には腹が立つ……こういう感情を抱くのは至極当然ですが、不倫相手に慰謝料を請求することはできるものなのでしょうか?

不倫、浮気は不法行為ですよね?

そもそも、夫婦間において浮気はどのような法律的違反にあたるのでしょうか。

貞操を守る義務

夫婦には、貞操を守る義務があるといわれます。貞操とは、性的な純潔のことですので浮気相手との肉体関係、いわゆる男女の関係はNGということになりますね。しかし、「義務がある」というと、「そのようなことが法律に規定されているのか!」と思いますが、実は法律には規定されていません。

民法で定められている離婚原因のひとつに、配偶者の不貞行為があげられていることから、逆説的に夫婦には貞操を守る法律上の義務があると考えられているということなのです。

貞操義務違反は不法行為

夫婦には貞操を守る義務があるということは、夫がそれに違反した場合、妻の権利を侵害したことになりますね。他人の権利を侵害した場合は、「不法行為」ということで損害賠償をしなければならず、妻は慰謝料を請求することができます。

夫はもちろんのこと、夫と不倫相手が共同で不法行為を行ったという考え方によって、不倫相手にも慰謝料を請求することができるのです。この場合、妻は夫に慰謝料を請求するか、不倫相手に請求するかを選ぶことができます。

不倫相手に慰謝料を請求できない場合もあるってホント?

不倫相手に慰謝料を請求する場合、問題となるのは、不倫をしたときに「既に夫婦関係が破たん」していたかどうかです。

夫婦関係が破たんしていたとしても、形式的には夫婦ですから、貞操を守る義務があり、不倫相手にも慰謝料を請求できるような気もします。しかし、最高裁判所は、夫婦関係が不倫当時に既に破たんしていたような場合には、特段の事情がない限り、慰謝料請求は認められないとしています。

これは、形式的に夫婦であるかということよりも、実質的に夫婦であるかどうかを重視した判断だと考えられます。

どういう手続きが必要?慰謝料の請求方法

(弁護士を介しての)当事者同士の交渉

不倫相手に慰謝料を請求しようとする場合、まずは不倫相手本人に直接請求する方法が考えられます。
ただ、妻と夫の不倫相手、つまり妻と愛人が直接交渉することはあまり考えられません。

また、慰謝料の請求には法律の知識が必要となることから、妻側としては専門家である弁護士に請求、交渉を依頼するのが通常です。

調停

当事者同士での交渉を望まない、もめてしまって当事者同士の交渉が進展しない場合には、家庭裁判所に慰謝料の支払いを求める調停を申し立てるという方法があります。

具体的な流れは、申立書を作成の上、家庭裁判所に提出し、調停に出席するとともに、慰謝料請求の根拠となる証拠資料を提出することになります。慰謝料の支払いやその額に不倫相手が納得すれば、調停成立となります。

調停の申立てに弁護士は必ずしも必要ではありませんが、自分に有利な内容の調停を成立させるためには、弁護士への委任も検討する必要があります。

訴訟

交渉も調停もうまくいかない、ということであれば、不倫相手に対し、慰謝料の支払いを求める訴訟を起こす方法が考えられます。

訴訟を起こす際に提出する訴状のほか、さまざまな書類の作成、証拠資料の確保など、法的に難しい作業が発生しますので、調停と同様に弁護士への委任を検討する必要があるでしょう。

慰謝料の相場っていくらなの?

不倫相手から支払いを受けることができる慰謝料の額はどの程度なのか、気になるところではないでしょうか。正直なところ、慰謝料の相場をこのくらい、と示すことは難しいです。というのも、夫婦の婚姻期間、子どもの有無などによって慰謝料の額が異なってくるからです。

まとめ

実際、過去の判決例を見てみると、慰謝料は数十万円の場合もあれば、300万円、400万円程度まで幅があることがわかります。少なくとも、1,000万円というような目をむくような金額にはならないようです。金額の問題だけで解決するような簡単な問題ではないですが、離婚をしなくても不倫相手、そして不倫をした夫から慰謝料をとることは可能です。夫の不倫を知って裏切られたと思ったら、慰謝料をとるという選択肢もあるということです。

参考:

  • 知って得する離婚マニュアル|離婚する方法と手続き
    http://www.toku-rikon.com/uwaki/uwaki19.html

関連記事