「うちは大した遺産はないから」と放置するのは危険

人生の局面でぶつかる、遺産相続。相続する財産があると聞いたとき、まず頭に浮かぶものは何でしょうか。土地や建物などの不動産、貴金属、車、家具などの動産、そして株や預貯金などの金融資産を挙げる人も多いでしょう。こうして並べてみると“相続する財産”とは、まるで資産家の豊かな財産のイメージがあります。

そのせいもあってか、特に資産家でもない人の場合、「うちに大した遺産はないから」と煩雑そうに見える相続手続きを後回しにして、放置してしまうこともあります。しかし、相続のトラブルは資産家だけに起こるわけではありません。

遺産相続を放置した場合、どのような影響があるのでしょうか。

相続はプラスの財産だけとは限らない

まず、忘れてはいけないのが相続する財産は必ずしもプラスの財産だけではないということ。被相続人の遺した「負債」というマイナスの財産も相続する財産に含まれるということを知っておきましょう。相続があったことを知りながらもそれを放置していると、被相続人の負った負債をも引き継ぐことになってしまうという危険性をはらんでいるのです。

相続の効果について規定した民法896条には、「被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継」とあります。「義務」と書いてあるとおり、残された家族は、被相続人の負った負債を返済する義務をも背負うことなるのです。ただし、残された家族も、どの遺産を相続するかを選ぶことは可能で、その考える期間が3ヵ月以内となっています。

実際、相続人はその相続があったことを知った時から3ヵ月以内に、家庭裁判所に行き、財産をどうするかを決める必要があります。

  • すべての財産を相続する
  • 負債や自分にとって不要な財産を除いた分を相続する「相続承認」をする、
  • すべての財産を放棄する

逆にいうと、自分が相続人になったことを知っていて、「負債を抱えたくない」「借金は相続したくない」と思っていたとしても、放棄の手続きをせずに3ヵ月経過してしまった場合は、その負債を引き継いでしまうことになります。

時間の経過で相続人と疎遠になり、相続登記でもめることも

例えば、土地や家を所有していたとして、相続手続きの一環である相続登記を放置することで、その時間経過とともに相続人のあいだにも死去する人が出てその子どもがまた代襲して相続する権利を得たりと、その範囲がどんどん広がっていく場合があります。このように代襲を繰り返すことによって、最終的に相続人の数が30名を超えるケースも珍しくありません。そうなると、まずは骨の折れる相続人探しから始まります。疎遠になっていたり、顔も見たことのないような間柄の相続人同士がその権利を主張して、相続登記をする際に意見や利益が対立することもあるわけです。想像しただけで疲れてしまいますね。

まとめ

大した財産がないからといって、安易な気持ちで相続財産を放置すると、負債という大きな不利益をも相続してしまう可能性があります。また、負債でなくとも、あとで煩雑な手続きやもめごと、膨大な手続き費用に泣かされたりするという危険も。相続が発生したら、できるだけすみやかに対処することをオススメします。

関連記事