これパワハラでしょ!上司に大勢の前で怒鳴られたり、胸ぐらを掴まれたりするのは法律的にどうなの?

「ブラック企業」という言葉に代表されるように、労働環境が社会的に問題になるケースが増えています。実感としては、以前から存在していた問題が、時代が変わるにつれて許容されなくなり、最近、表面化してきたというべきかもしれません。例えば、ワンマンな上司の部下になり、ことあるごとに大声で怒鳴られ、時には、髪や胸ぐらを掴まれる。こうした行為は、傷害やパワハラなど、法律に違反しないのでしょうか。

知っている?パワハラの定義

まず、パワハラという言葉は、法律上明確に定義されているわけではありません。「アカハラ」「モラハラ」のように、マスコミが報道するようになったことで広まった和製英語の一つです。ただ、職場環境の改善という意味でも、最近は、厚生労働省や各自治体が、法律的な交通整理を始めています。

厚生労働省の報告書によれば、職場のパワハラとは、「同じ職場で働く者に対し、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」を指すそうです。

これだけ読んでも抽象的で分かりにくいですよね。

どんな行為がパワハラなの?

この報告書では、パワハラを6タイプに分類しています。

  1. 暴行や傷害など身体的な攻撃
  2. 名誉棄損や侮辱など精神的な攻撃
  3. 仲間外れや無視など人間関係からの切り離し
  4. 業務上明らかに必要のないことの強制や仕事の妨害
  5. 理由もなく程度の低い仕事を命じること、または仕事を与えないこと
  6. 私的なことに過度に立ち入ること

もちろん、ここにないような行為も考えられますが、これだけ切り分ければ、ほとんどの事例は、このどれかに該当するように思います。

例えば、意味もなく、髪や胸ぐらを掴むといった行為は、パワハラかどうか考えるまでもなく、法律上、暴行罪や傷害罪にも該当しうる明らかに違法な行為です。手を出さなくとも、人前で人格を否定するような言葉、侮辱するような言葉で罵れば、これも違法な行為になるでしょう。程度によっては、名誉棄損罪や侮辱罪にもなりかねません。

このような事例ではどんな判決があるの?

実際にパワハラとして、法律上違法になるかどうか判断するためには、具体的にどのような発言をしたか、どのような行為をしたかについて、細かく事実を認定しなければなりません。多くの場合、証拠が残っておらず、「言った、言わない」になり、損害賠償が認められないケースも多いのが実情です。また、仮にその事実が認められたとしても、業務上の指示や、指導の一環と判断されたり、少し行き過ぎた部分はあるが、慰謝料が認められるほどではないと判断されたりすることもあります。

まとめ

本当にひどい罵詈雑言によって、精神疾患になったり、最悪の場合には自殺してしまったり悲惨な結果になったことで、高額の損害賠償が認められたケースもあります。パワハラとして法律上、違法として認められるかどうかは本当にケースバイケースということになります。自分の身に当てはまることがあり、精神的に苦痛を感じ、心身に異常をきたしているようであれば、法律相談所などで相談してみてもよいでしょう。

文:石崎冬貴(弁護士)

関連記事