妻のモラルハラスメントに耐えられない!調停離婚で納得してもらえる理由とは?

当人同士で離婚の話し合いが行われ、双方で納得のうえ合意ができればよいのですが、決裂してしまった場合、離婚調停が行われます。このとき、調停委員が離婚理由について話をききますが、納得されやすい理由にはどんなものがあるのでしょうか。

当人の話し合いがこじれたときに行われる離婚調停とは?

Eさんは妻から日ごろ「甲斐性がない」「グズ」などと罵倒されていました。しかし、真面目で心の優しいEさんは「自分にも落ち度があるから…」と何を言われても我慢していました。しかし、ある日を境に我慢が限界に達してうつ病を発症してしまったのです。現在Eさんは、妻との離婚を望んでいるものの、妻は離婚に向けた話し合いを一切拒否しています。

このように、離婚について当事者間の話し合いがまとまらない場合や、話し合いができない場合に家庭裁判所の離婚調停(正式名称は夫婦関係調整調停)を利用することができます。調停手続は、裁判官の判断が下される裁判とは違って、調停委員を仲介役とした話し合いの場です。両者の話し合いがまとまらなければ、不調となり裁判で争うことになります。

納得されやすい離婚理由はあるの?

離婚裁判で「離婚」を認めてもらうには、「不貞行為があったこと」「悪意で遺棄(放置)されたこと」「3年以上の生死不明」など民法770条1項に記載された「離婚原因」が相手にあることと、これを証明できることが必要です。

調停の場合はあくまで話し合いの場ですから、「離婚理由」がなくても離婚できます。しかし、相手が離婚に同意していない場合、調停委員が「離婚したくない相手を説得して離婚するほうに調整しよう」と思えるだけの説明が必要になります。離婚したい理由が、浮気や身体的暴力、ギャンブルなどの浪費、過度の飲酒の習慣などの場合は、調停の場で証拠とともにその事実を主張すれば、調停委員にも納得されやすいのです。

しかし、Eさんのように妻からの言葉の暴力の場合、夫婦喧嘩との違いを説明し、調停委員を納得させることが必要になります。「妻からの言葉の暴力がひどい」とだけ主張しても、調停委員には納得してもらいにくいでしょう。具体的な事実を挙げて、妻の自分に対する叱責の異常性を説明し、納得してもらう必要があります。

たとえば、残業で帰ってきたのに、「いままで何やっていたんだ」と大声で怒鳴る、人前で「夫は能無しだ」と蔑むなど、非難の仕方や非難すること自体の異常性について事実を挙げて主張する必要があります。

言葉の暴力であるモラハラのほかにも、セックスレスや家族との折り合いが悪く離婚したい、という場合も同様です。離婚理由として調停委員に納得してもらうために上手く説明することが必要です。経緯や、それに向けた努力をしたが修復が不可能であることを具体的にあった事実をもとに説明することで、調停委員に納得してもらいやすくなります。

まとめ

浮気や身体的暴力、浪費、過度の飲酒などの場合はその事実を証拠とともに説明するだけで納得してもらえますが、精神的暴力の場合は「言葉の暴力がひどい」という事実だけ主張したのでは、調停委員に納得してもらいにくい離婚理由といえます。具体的な事例を出して、具体的な状況を説明することで配偶者自身の問題を調停委員に理解してもらうことが必要です。

関連記事