プロミスに過払い金請求をするときにポイント

有名タレントを使ったCMで見かけることの多い、貸金業者としてお馴染みのプロミス。「昔、高い金利で借りていて、払い過ぎた利息があるんだけど……」という人に、プロミスから過払い金を取り戻す方法について解説しましょう。

プロミスってどんな会社?

プロミスの正式名称は「SMBCコンシューマーファイナンス」といいます。2007年に三洋信販(ポケットバンク)、2011年にアットローンを吸収合併しています。そして2012年4月に、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社となったため、業界でもかなり大きな消費者金融会社となりました。今ではCMで見ない日はないといってもよいでしょう

プロミスの過払い金請求の方法と注意点

先述のとおり、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社なので経営が安定しています。銀行系の大手消費者金融会社は、中小の消費者金融に比べると過払い金の返還率は非常に高いです。

司法書士や弁護士に過払い金請求の依頼をした際、現状では通常裁判をしないケースでも、かなりの確率で過払い金を回収することができています。しかし、業績の悪化に伴い、過払い金返還の提案額が減少傾向にあり、また返還の時期も従来より遅くなる傾向にあります。満額の過払い金請求を望む場合は、裁判をする必要があります。

プロミスへの過払い金請求の方法

まず、過払い金が生じていても貸金業者から「あなたには過払い金がありますよ」などと教えてくれることはありません。つまり、自分で行動して請求をしない限り、払い過ぎたお金は戻ってこないのです。

「過払い金請求を自分でしてみよう」という人もいるのですが、各貸金業者も過払い金請求が殺到している状況ですので、個人で請求しても満額の交渉に応じてくれることは少なく、交渉が難航する傾向にあります。

司法書士や弁護士に依頼すれば、面倒な交渉なども代わりにやってくれるので、直接プロミスと電話で話す必要もなければ、手間もかかりません。専門家に依頼をしたほうがよいと言えます。

借り入れ先が「プロミス」じゃないんだけど…

以前から、プロミスで借り入れされていた人には関係ありませんが、合併などによって以前とは違う会社名で借り入れされていた人でも、プロミスに過払い金請求できるパターンがあります。会社名が違うということで諦める必要はありません。

プロミスに過払い金請求する代表的な例

ポケットバンクや、三洋信販と過去に取引をしていた人は、現在はプロミスと合併していますのでプロミスに対して、過払い金請求をすることとなります。

また、クオークローンやクラヴィスからの契約の切り替えによりプロミスと取引したという人は、次のようにいくつかのケースがあります。
クオークローン時代(さらに以前の取引はリッチ・ぷらっとなど)の取引があり、プロミスに債権が移った人は、プロミスの過払い金調査をした時点で、以前取引があったのが判明するケースがあります。このケースは、クラヴィスから開示された取引履歴と、プロミスから開示された取引履歴をつなげて過払い金を計算することになります。どの程度、過払い金が取り戻せるかはケースにより異なります。

ただし、同じく合併された旧アットローンは銀行系消費者金融会社といい、法律を守って貸し付けしていた貸金業者です。そのため、旧アットローンでは過払い金は発生しないため、過払い金請求もないということになります。

まとめ

経営状態もよく、過払い金請求もスムーズに対応してくれるプロミス。現在の会社名でなくとも、合併された貸金業者からの借り入れの記憶がある人や、以前にプロミスからお金を借りて完済していて、「もしかしたら自分にも過払い金があるかも」と思っている人は、早めに過払い金の有無を調査してみてください。

文:高橋健太郎(司法書士)

関連記事