ネットショッピングで買った商品が気に入らない……返品ってできるの?

ネットショップに掲載されている写真にひかれて購入したものの、写真と色が違うし手にしたときの手触りもイマイチ……。果たして、不良品でなくても、気に入らなかった商品の返品はできるのでしょうか。

通販で適用される特定商取引法「法定返品権」

「あ、これ欲しい!」、そう思ったときに、インターネットですぐに買い物ができる時代です。忙しい毎日を送る私たちにとって非常に便利なシステムですが、実際に商品を見たり触ったりせずに購入することから、トラブルが多いのも事実。過去には、商品が届いたものの「これは思っていたものと違う」とキャンセルを申し出ても、業者が応じないということが頻発していました。

このような状況を受けて、平成20年に特定商取引法が改正され、通信販売に返品制度が導入されることになりました。これは、もちろんネットショップも特定商取引法が適用になります。

つまり、購入者は商品が到着してから8日以内であれば、返品できるようになったのです。

不良品でなくとも返品はできる?

しかし、いくら法律があるからといって「気に入らなかったら、8日以内に返品すればいいわ」と軽い気持ちで買い物をすると、痛い目に合いそうです。ただ単に「届いた商品が思っていたものと違う」「気に入らない」という理由で返品ができるかというと、そう簡単にはいきません。購入したネットショップのホームページやカタログなどに「返品はできません」と記載があれば、その商品が不良品でないかぎり返品は不可能です。法改正で返品制度が導入されたものの、業者側が返品の有無について牛耳っているのが現実ということですね。

インターネットで買い物をする際には、購入ボタンを押す前に、ホームページ上にどのような記載がされているかをきちんと確認することが重要です。返品に関する記載は小さい文字で書かれていることがありますから、すみずみまでしっかりチェックしましょう。

まとめ

もはや、インターネットで買えないものはないのではと思うほど、昨今のネットショップの品ぞろえはバラエティに富んでいます。本当に便利な世の中ですが、実際に物を確認することなく購入することは、ある意味リスクと隣り合わせです。万が一気に入らなかった場合に返品ができるかどうかをきちんとチェックした上で、安心で楽しい買い物をしたいものですね。

関連記事