娘や息子よりも、可愛い孫に遺産を全部相続させることはできる?

娘や息子も可愛いけれど、孫の可愛さは格別のもの。できれば可愛い孫に全ての財産を譲りたい……。実際、こうした相続の仕方は叶うものなのでしょうか。

孫に遺したいなら遺言書の作成を

法律上の相続人は配偶者と(1)子ども、(2)親、(3)兄弟のうちの誰かです。孫は相続人ではないので、通常は何も手を打たなければ孫に遺産を相続させることはできません。

では、「孫○○に全財産を相続させる」旨の遺言書を作成しておけば、孫に自分の財産を譲ることができるのでしょうか?

娘、息子を差し置いてすべての財産を孫に譲るとなると、親の家や貯金を頼りにしていた子どもは、生活の基盤を失いかねません。そうでなくても自分が相続できると思っていたのに全く相続できないとなると、子どもは感情的にも穏やかではいられないでしょう。

そこで、法律では子どもに法定相続分の二分の一を相続することが権利として認められています。これを遺留分といいます。孫に全財産を譲るという遺言書は、子どもの遺留分を侵害しているため、遺留分減殺請求として子どもから孫に対して遺留分に相当する対価の支払い、相続した不動産の共有を求められるケースに発展してしまいます。

遺留分は、生前にそれぞれの相続人に特別にあげたものがあるか(生前贈与)、葬式費用など相続人が負担したお金はないか(債務)などを考慮して算出されます。娘や息子には既に遺留分に相当する不動産や貯金を譲っている場合は娘や息子の遺留分を心配する必要はありません。

孫に遺産を遺す方法「代襲相続」とは

子どもが先立っている場合は、代わりに孫が相続します。これを代襲相続といいます。法律上認められている制度ですから、この場合は特に遺言書を書かなくても孫に遺産をあげることができます。

しかし、代襲相続人の孫のほかにも相続人がいる場合は、それらの相続人と法定相続分で分割しなければならなくなります。そのため、すべての財産を孫に譲ることは出来なくなります。

また、孫の親である娘や息子が相続放棄すると孫は代襲相続することが出来ませんので、注意が必要です。

養子縁組をする方法もある

孫と養子縁組することによって、孫を相続人にすることができます。養子ですから孫自身も遺留分が認められます。そのため、孫と養子縁組した上で「孫に全財産を相続させる」旨の遺言書を作成しておけば、ほかの相続人が遺留分減殺請求をしたとしても、養子縁組をしていない場合と比べて相続分が多くなるというメリットがあります。

しかし、孫を養子縁組するとほかの相続人にとっては、相続人が増えるわけですから争いの原因になってしまうかもしれません。その上「全財産を孫に」となると、ほかの相続人は黙っていないかもしれませんね。「どうしても孫に財産を譲りたい」という場合にはほかの相続人に納得できるような説明をし、遺言書の内容も遺留分を侵害しない範囲で行ったほうが、後々相続に関わるトラブルを予防することができるでしょう。

まとめ

孫に遺産をあげるためには、(1)遺言書を作成する、(2)代襲相続する、(3)養子縁組する、という方法が考えられます。すべての財産を孫に譲りたい場合は遺言書の作成が最適です。しかし、すべてとなると娘や息子などほかの相続人の遺留分を侵害してしまいます。ほかの相続人の遺留分に配慮して遺言書を作成しておくことが大切です。

関連記事