アコムに過払い請求をするときのポイント

「は・じ・め・て・のアコム」と、タレントが歌うテレビCMでお馴染みの貸金業者・アコム。「昔、高い金利で借りていたのだけど……」という人に、アコムに過払い請求をする方法について解説しましょう。

アコムってどんな会社?

アコムは大手「三菱東京UFJフィナンシャルグループ」の連結子会社です。消費者金融の中では唯一、国際カードブランドのひとつである「マスターカード」がライセンスを与えている会社で、アコムマスターカードを発行しています。

また、2009年にはDCキャッシュワンと合併し、業界でもかなり大きな消費者金融会社となりました。前述のCMを耳にしない日はなかったといっても過言ではないでしょう。

アコムの過払い金請求の方法と注意点

アコムは三菱東京フィナンシャルグループの子会社なので経営が安定しています。ただ、業績悪化に伴って過払い金の返還請求への対応は年々厳しくなってきています。つまり、アコムへの過払い請求をするのであれば、早ければ早い方がいいといった状況なのです。

司法書士や弁護士に過払い金の返還請求の依頼をした際には、現状では裁判をしないケースでも、かなりの確率で過払い金を回収することができています。しかし、業績の悪化に伴い、過払い金返還の提案額が減少傾向にあることも事実です。さらに、返還の時期も以前より遅くなる傾向にあり、過払い請求を満額で望む場合には、裁判をする必要があります。

アコムへの過払い請求の方法

では、アコムへの過払い請求をするにはどのようにしたらよいのでしょうか。まず、過払い金が生じていても貸金業者から「あなたには過払い金がありますよ」などと教えてくれることはありません。つまり、自分で行動して請求をしない限り、払い過ぎたお金は戻ってこないのです。

「過払い請求を自分でしてみよう」と考える人もいるのですが、各貸金業者も過払い金請求が殺到している状況です。不慣れな個人で請求しても、貸金業者から低い額での返還提案がきてしまいますので、交渉が難航する可能性があるのです。

しかし、司法書士や弁護士のようなプロに依頼すれば、面倒な交渉なども代わりにやってくれます。もちろん、直接アコムと電話で話す必要もなければ、手間もかかりません。専門家に依頼をするメリットは、こうした高い交渉力と手間がかからないところにあります。「お金の話をするのは気が重い」「口下手なので交渉事は苦手」という人には、気分的にも任せてしまったほうが楽だといえるでしょう。

アコムマスターカードご利用の方は注意!

かなり前からアコムで借り入れされていた人には関係ありませんが、アコムはマスターカードのメンバーとなっているのでショッピング機能が付帯しているカードも増えてきました。

過払い金は、キャッシング機能と呼ばれる借入で発生するものなので、ショッピング機能の利用のみでは、過払い金は発生しません。また、仮に過払い金が発生していたとしてもショッピングに残高があればその残高と相殺になります。さらに手続きを進めた場合には、マスターカードのショッピング機能も解約扱いとなってしまいますので注意が必要です。

2009年に合併されたDCキャッシュワンはいわゆる銀行系消費者金融会社といい、法律を守って貸し付けしていた貸金業者です。そのため、DCキャッシュワンを利用していた人には過払い金は発生しないため、過払い請求もできないということになります。

過払い請求の対応は、年々厳しくなってきています。「借りたお金で助かったこともあるしなあ」「昔のことを蒸し返すのは嫌だなぁ」という人もいますが、過払い金というのは払わなければならない利息ではなく、払わなくて良かった利息を返してもらう手続きなのです。当然の権利ですから、取り戻せるうちにちゃんと取り戻しましょう。

「もしかしたら自分にも過払い金があるかも」と思っている人は、早めに過払い金の有無を確認してみてください。

文:高橋健太郎(司法書士)

関連記事