裁判費用は負けた方が全額負担するってほんと?

一般的に裁判は「負けたほうが負担する」という考え方が浸透していますが、本当にそうなのでしょうか。裁判になった場合の費用について考えてみましょう。

裁判にかかる費用ってどのくらい?

例えば、交通事故で損害を賠償するよう裁判をした場合、裁判にかかる費用は、どのようなものになるでしょうか。

裁判にかかる費用は、厳密には「訴訟費用」と言われます。訴訟費用は、民事と刑事で微妙に異なりますが、ここでは、交通事故などで損害を賠償する裁判、すなわち、民事訴訟における訴訟費用を説明します。

訴訟費用には、色々とありますが、代表的なものは、訴状などに貼る収入印紙、裁判所に予納する郵券(切手)などの郵便料や、当事者やその代理人、証人などの旅費や日当です。これら費用がどの程度かかるかということは、「民事訴訟費用等に関する規則」などで定まっています。

ここで重要なのが、弁護士に払うべきお金、いわゆる着手金や報酬はこの訴訟費用には含まれないということです。交通事故の裁判の場合には、弁護士費用特約がついており、弁護士に払うべきお金は保険で賄うことができます。

しかし、そのような特約のない裁判では、交通事故の場合とは異なり、弁護士に払うべきお金は、自分で負担しなければなりません。法テラスを利用すれば、低額で分割払いが可能ですが、一定以下の資力であることなどが要件とされます。

負けた方が負担する、は本当か?

それでは、裁判で負けた場合、訴訟費用はどうなるでしょうか? 裁判で負けた方が、訴訟費用を負担するというのは本当でしょうか? 結論から言うと、この話は本当なのです。

例えば、裁判所のウェブサイトにも、「法律で定められている訴訟費用は、基本的には敗訴者が負担することになります」と書いてあります。請求が100%認められた場合や、全く認められなかった場合は、訴訟費用が負けた側負担というのはわかりやすいです。一方、前述で挙げたような交通事故などの裁判の場合では、請求が認められた割合に応じて、訴訟費用の負担も決められることになります。

ただし、この訴訟費用の回収は裁判で認められた請求とは別に行います。「訴訟費用確定処分」と言って、判決が確定した後(判決に仮執行宣言が付いている場合も含みます)に、処分の申立てをして、訴訟費用がいくらであるかを確定し、その請求と執行をする必要があります。

訴訟費用は、裁判での請求金額より低いことがほとんどです。

また、和解の場合は、訴訟費用は、自分の分は自分で負担することになるのが通常です。したがって、現実の裁判では、訴訟費用まで全額取り立てることは、意外と少ないと言えます。

まとめ

訴訟費用で重要なのでは、“弁護士へ払うお金は含まれない”ということです。また、訴訟費用は負けた側が負担し、裁判で認められた請求とは別に取り立てる必要がありますが、現実に訴訟費用まで回収することは少ないのです。

参考:裁判所|訴訟費用について

文:竹内亮平(弁護士)

関連記事