自動車で事故を起こしてしまい気が動転…逃げてしまったらどうなる?

自動車を運転中、よそ見をしてうっかり目の前にいた自転車と接触してしまいました。気が動転してその場を立ち去ってしまったのですが、自転車はすぐに起き上がっていました。この場合、どんな罪になるのでしょうか。

民事上の責任と刑事上の責任

まず、交通事故を起こした場合、どのような責任が生じるのか整理しましょう。

事故によってけがをした、ということになれば、その治療費などを支払う必要があります。これが民事上の責任です。これとは別に、過失運転致死傷罪や道路交通法違反に問われ、罰金や懲役刑などの処罰を受けます。これが刑事上の責任です。

これらに加えて、自動車運転免許の効力という問題もあり、現在、いわゆる「ひき逃げ」は一発で免許が取り消されます。この中から、今回は刑事上の責任について解説します。

被害者が人身事故としなかった場合

今回のケースを考えてみましょう。どうも被害者は、すぐに起き上がったようです。

前提として、仮に被害者が被害申告しなかった場合どうなるのでしょうか。交通事故では、被害者であってもけががほとんどなかったり、自分にも過失がある場合には、取調べの対応や自分への責任追及を嫌がって、被害申告しないことも少なくありません。その場合、当然、過失運転致死傷罪なども成立しますし、事故による責任も生じますが、被害者が出てこない以上、警察も事件を知りようがないでしょう。

仮に目撃者がいたとしても、目撃者自身が警察官といった場合は別として、被害者が「知らない」といえば、やはりそれ以上は捜査することが困難だと思われます。

報告義務と救護義務違反

では、具体的に刑事事件になった場合、どのような罪になるのでしょうか。いわゆる「ひき逃げ」は、人身事故を起こしたにもかかわらず、警察官に事故を報告せず、負傷者も救護しないことをいいます。

報告義務違反は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金(道路交通法72条1項後段、119条1項10号)、救護義務違反は、10年以下の懲役または100万円以下の罰金(同法72条1項前段、117条2項)ですが、重い方の救護義務違反の罰則のみが科されます。これに、過失運転致死傷罪が加わる可能性がありますが、具体的な量刑については、けがの程度や示談の有無によって大きく変わります。

まとめ

ひき逃げの場合、けがの程度が軽微であっても逃走の恐れがあるとされて、逮捕・勾留される可能性が高いといえます。つまり事実上、こちらの方が生活に与えるダメージは大きいかもしれません。

文:石崎冬貴(弁護士)

関連記事