誰にも内容を知られずに遺言書を作る方法

もしもの時のために遺言書を作ってあるAさん。しかし、血を分けた娘たちは親の面倒をロクに見てくれないので遺産を譲るつもりはありません。Aさんは、長年面倒を見てくれた婿に遺すつもりです。

といっても、こんな遺言書の内容を娘に見られたら、言い争いになりそうなので誰にも内容を知られたくない……。遺言書の内容を人目に触れないようにするには、どうしたら良いのでしょうか?

遺言書はどのように保管すればいい?

自分にもしものことがあった場合、築き上げてきた財産をどのように分けるべきか?

自分の思いを残された家族にきっちり伝えるには、遺言書が一番良い方法です。思い通りに財産を分けたい、残された家族に争いがおきないようにしたいなど、遺言書を書く理由はさまざまでしょう。しかし実際に書いてはみたものの、遺言書をどのように保管すればよいのか悩むところです。

遺言書の保管方法は、書いた遺言書の種類によって違ってきます。すべて自筆で書く「自筆証書遺言」であれば、自分自身の責任において保管しなければなりません。自筆証書遺言は思い立ったときに気楽に書けるメリットがありますが、一方で紛失の恐れもありますし、せっかく書いた遺言書を第三者によって偽造されてしまう恐れもあります。また、遺言書は自分の亡きあとに、相続人に見つけてもらわなければ意味がありません。遺言書の存在を親族にどのように伝えておくかという点も問題となるでしょう。

対して、「公正証書遺言」は、法律の専門家である公証人に作成してもらう遺言書です。専門家のアドバイスを受けながら遺言書を作成でき、遺言書の原本を公証役場で保管してもらえるので、紛失や偽造などの心配がなくなります。作成のために手間や費用はかかりますが、自分に万が一のことがあった場合、弁護士などを通じて遺言書の存在を親族に知らせることも可能です。

それぞれにメリット・デメリットはありますが、公正証書遺言のほうが、保管や死後の伝達も含めて考えると安心といえます。

依頼した弁護士や行政書士は内密にしてくれる?

Aさんのように、生前に遺言書の内容を誰にも見られたくないと考える人も多いでしょう。弁護士や行政書士に遺言書の作成を頼んでみたものの、内容をばらされてしまわないかと不安に思うかもしれません。しかし心配は無用です。弁護士や行政書士には守秘義務があり、それに反する行為をすると法律で厳しく罰せられます。また、公正証書遺言を作成するにあたって必要な証人にも同様に守秘義務が課せられます。

ですから、親族には内容を知られたくないという場合でも、安心して公正証書遺言の作成を依頼することができるのです。

まとめ

元気なときにこそ、自分の死後のことをしっかり考えておこうとする人が増えています。遺言書もそのひとつ。しかし、せっかく作成したのに紛失してしまったり、内容を改ざんされたりしたら意味がありません。死ぬまで秘密にしておきたい内容もあるでしょう。素人では管理しきれないところもありますので、専門家の力を借りつつ、納得のいく遺言書を作成しましょう。

参考:

  • 遺産相続の手続きナビ|遺言書はどうやって保管すれば良い?

関連記事