えっ!犯罪なの?おつりを多く貰ったら「ラッキー」では済まされない理由

買い物をしていて、おつりを多く貰った経験はありませんか?「あ、ラッキーだな」と思ってそのまま店を出る人、レジで多いことを指摘する人、さまざまでしょう。しかし、実はそのまま店を出てしまうと犯罪になるのです!!

その場で気づいていたとしたら詐欺罪

詐欺罪は、刑法246条に規定があり、同条1項では「人を欺いて財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する」と規定されています(同条2項については説明を省略します)。
ここで、この詐欺罪に該当するか否かで考えなくてはいけないポイントは、人を欺いたのかということと、そのことにより欺かれた人が財物を交付したのかということです。

まず、人を欺くということは、その人が思い描いているイメージと現実に発生した実際の行動にギャップが生じる状態(錯誤といいます)に陥れるということです。このような行為のことを「欺罔(きもう)行為」といいます。
このケースでは、嘘をついておつりをだまし取るというような積極的な行為(作為)があったわけではなく、その人が思い描いている「正しいおつりを用意している」イメージと、現実に発生した「おつりを多く渡そうとしている」という実際の行動にギャップが生じる状態に陥っていることに気が付いているのに、そのことを告げていない(不作為)だけなのです。では、この場合でも人を欺いているといえるのでしょうか。
この点については、作為の場合だけでなく、不作為の場合でも詐欺罪が成立することがあるのですが、不作為の場合は、錯誤に陥っていることについて告げる義務があり、そのことを怠ったときに詐欺罪が成立します。
そして、一般的には、おつりを多く渡そうとしていることに気が付いた場合には、そのことを告げる義務があると解釈されていることから、詐欺罪が成立することとなります。

多くもらったおつりを持ち去ったり、返さなかったら横領罪

それでは、おつりを多く受け取ってしまったあとに気が付いたけれど、そのまま持ち去って返さなかった場合はどうなるのでしょうか。
この場合、受け取ってしまった後に気が付いていますので、おつりが多いこと店員に告げることができず、したがって詐欺罪は成立しません。しかし、このような場合には、横領罪(正確には占有離脱物横領罪)が成立します。
占有離脱物横領罪は、刑法254条に規定があり、「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金若しくは科料に処する」と規定されています。
占有離脱物横領罪は、占有を離れたものの所有権は放棄していない物を横領した場合に成立しますが、おつりのうち余計に渡した分は、すでに渡してしまっているので、占有は離れています。しかし、所有権を放棄したわけではありません。
また、あとでおつりが多いことに気が付いたにもかかわらず、持ち去って返さない行為は、占有離脱物横領罪の横領に当たります。したがって、この場合は、占有離脱物横領罪が成立することとなります。

窃盗罪との違いは?

このケースで「多く渡されたおつりを持ち帰ることは、窃盗罪に当たるのではないか」という疑問が出てきます。
まず、詐欺罪と窃盗罪の違いは財物の占有の移転について、詐欺罪はだまされた者自らが相手方に移転させるものであるのに対し、窃盗罪は財物の占有者の意思に反して占有を移転させるものである点です。
このケースでは、お店の人はだまされたとはいえ、自ら多くおつりを渡しているので、詐欺罪が成立することになります。

また、占有離脱物横領罪と窃盗罪の違いは、占有離脱物横領罪が成立する場合の財物は占有者から離れていますが、窃盗罪が成立する場合の財物は未だ占有者の支配下にあるという点です。
このケースでは、多く渡されたおつりは、すでに店外に持ち去られ、お店の人が実力で支配することが困難な状態ですので、占有離脱物横領罪が成立することとなります。

関連記事