【相続の疑問】住宅取得資金をもらったり、高額な物を買ってもらっていたら「特別受益」にあたるかも?

生前に両親からマンションの頭金をもらっていたり、宝石や高価な家具などを買ってもらっていたりしたら、それは「特別受益」にあたるかもしれません。「特別受益」を受けた場合、ほかの相続人との不公平感を是正する必要があるのです。

「特別受益」の考え方

亡くなった人(被相続人)から生前に、遺贈、婚姻・養子縁組のための贈与、生計の資本としての贈与のいずれかを受けた相続人が、被相続人の残りの財産を相続する際に、ほかの相続人と同じだけ相続を受けられると不公平になります。

このように一部の相続人に対して贈与などがあった場合に、公平な相続の観点から、民法では、贈与などで受け取った財産を特別受益分として相続財産に加算してから相続分を計算するよう規定しています。

特別受益はどうやって請求する?

特別受益を請求する前に相続人および相続財産を確定します。そして、証拠書類を収集しながら特別受益を受けた相続人(特別受益者)およびその内容を調べます。その後、相続人間で話し合いをする際に特別受益分を相続財産へ加算するよう求め、各相続分を確定させて、その内容を遺産分割協議書にまとめます。

もし相続人だけで話がまとまらない場合は、家庭裁判所へ遺産分割の調停を申し立て、そのなかで特別受益分を請求します。調停でもまとまらない場合は審判に移行します。

具体的な相続分の算出方法

たとえば夫婦および長男・長女という子ども2人の家庭で父親が亡くなったとします。父親の相続財産は5,000万円で、これを法定相続分にしたがって相続するとします。このうち、長男はマンションを購入した際に父から1,000万円もらっていました。

このケースにおいては、長男がもらった1,000万円を相続財産に加算し、合計6,000万円を妻が二分の一、子ども2人が各四分の一で相続します。ただし事前に1,000万円もらった長男は今回の相続分からその分を差し引きます。したがって各人の相続分は妻3,000万円、マンションの費用をもらった長男は500万円、長女は1,500万円となります。

まとめ

一部の相続人だけが大きな金品(特別受益)を受けていた場合、その分を考慮した相続をしなければ公平性に欠けます。公平な相続の観点から、特別受益を正確に把握し、相続財産へ加算して相続分を決める必要があります。

文:丹所美紀(行政書士)

関連記事