親戚づきあいが乏しく、誰が相続人か分からない

法律上、相続権のある人を相続人といいます。親戚付き合いが濃い家であれば、相続人が誰か分かりやすいかもしれませんが、疎遠な場合は、誰が相続人になるのかを調べる必要があります。こうした作業はどのように行えばよいのでしょうか。

相続人にあたる人は誰?

ある方が亡くなると、自動的に相続が開始されます。ただ、実際に、遺産を誰がどのように継ぐか、また、それを誰がどうやって行うか、というのは、基本的には相続人が協議して行うことになります。

相続人となるのは、まずは、死亡した人の配偶者です。配偶者は常に相続人になります。ただし、内縁は除きますので注意してください。

配偶者のほかに、死亡した人に子供(養子含む)がいれば、配偶者とともに相続人になります。子供が亡くなっている場合は、さらにその子供といったように、引き継いでいくのです。これを代襲といいます。

子供がいない場合は、子供の代わりに、直系尊属が相続人になります。子供も直系尊属もいない場合は、兄弟姉妹が相続人になりますが、その兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子供が相続人となります。

まずは戸籍を取寄せてみる

それでは、相続人が分からない場合、どうすればよいのでしょうか。
まずは、死亡した方の生まれてから死亡するまでの全ての戸籍を取得します。結婚や養子縁組による除籍や、本籍地の変更によって、新たな戸籍が作られますので、現在の戸籍謄本から遡っていくことになります。
また、戸籍謄本や除籍謄本だけ足りない場合には「改正原戸籍」という古い戸籍の記録も取り寄せなければなりません。

実際にどうすればよいか

全ての戸籍をなんとか取り寄せて、親戚関係の全貌が分かったとしても、再婚前の子供や養子が間に入っていたり、死亡による代襲があると、具体的な相続人や相続分の確定は複雑になります。

また、戸籍だけでは、現実に相続人がどこに住んでいるかは分かりません。本籍地と住所地は違うからです。そのような場合、戸籍の「附票」というものから住所地を探したり、さらにそこから住民票を取得して、現住所を探す必要があります。

まとめ

相続人の確定は、遺産分割が大前提です。親戚付き合いに乏しい、親兄妹がすでに亡くなってしまっているなど自分の親戚関係が複雑な場合には、自分でなんとかしようと無理をせず行政書士などの専門家に相談するのがよいでしょう。

文:石崎冬貴(弁護士)

関連記事