クレディセゾンに過払い請求をするときのポイント

可愛らしい女性が瓦を頭で叩き割る衝撃のCMでお馴染みのクレディセゾン。キャッシングを利用していたという人、もしかしたら過払い金が発生しているかもしれません。クレディセゾンに過払い請求をする方法について解説しましょう。

クレディセゾンってどんな会社?

クレディセゾンは大手西武グループの子会社です。クレジットカードのなかでも老舗にあたります。2006年には、みずほフィナンシャルグループと業務提携し、みずほ銀行傘下のユーシーカードを吸収合併しました。当時は、銀行系と流通系の業務提携ということで大きな話題となりました。

クレディセゾンの過払い金請求の方法と注意点

先述のとおり、クレディセゾンは大手西武グループの子会社なので経営が安定しています。資金面での懸念が少ないので、過払い請求への対応は柔軟に対応してくれます。専門家に依頼しても、訴訟せずに任意で和解するケースが多いといえます。

司法書士や弁護士に過払い金請求の依頼をした際には、現状では裁判をしないケースでも、かなりの確率で過払い金を回収することができています。しかし、将来、仮に業績が悪化し過払い金返還の提案額が減少した場合は、裁判をして満額回収をする選択肢も視野に入れる必要があります。

クレディセゾンへの過払い請求の方法

まず、過払い金が生じていても、クレディセゾン側から「あなたには過払い金がありますよ」などと教えてくれることはありません。つまり、自分で行動して請求をしない限り、払い過ぎたお金は戻ってこないのです。

「過払い請求を自分でしてみよう」という人もいますが、各貸金業者も過払い金請求が殺到している状況ですので、個人で請求しても、対応に時間がかかったり、取り合ってくれない可能性もあります。

司法書士や弁護士に依頼すれば、面倒な交渉なども代わりにやってくれるので、直接クレディセゾンと電話で話す必要もなければ、書類も届きませんので、家族や知人にばれてしまう心配もありません。専門家に依頼をするメリットは、高い交渉力と手間がかからないところにあります。

ショッピングやローンで利用している人は注意!

過払い請求ができるのは、一般的にキャッシングと呼ばれるお金を借入するもので発生します。したがって、買い物のときにカードを出して品物を買うショッピング機能や車のローン等は過払い請求の対象外となります。特に、ローンを組んだ人は注意したほうがよいでしょう。

なお、仮に過払い金が発生していたとしても、ショッピングに残高があれば、その残高と相殺されます。さらに、手続きを進めた場合には、ショッピング機能も解約扱いになりますので注意が必要です。

セゾンファンデックスやユーシーカードを利用している人は注意!

ちょっと名前が違いますが、セゾンファンデックスはクレディセゾンの連結子会社です。簡単にいえば、クレディセゾンがカード会社、セゾンファンデックスはローン会社です。また、ユーシーカードも先述のとおり、現在はクレディセゾンの子会社です。したがって、ユーシーカードやセゾンファンデックスでキャッシングを利用していた人でも、過払い請求が可能です。

まとめ

日常よく耳にする過払い請求も、最高裁で認められてから今年で10年。過払い金は、支払いが終わってから10年で時効です。「昔のことを蒸し返すのは嫌だなぁ」と言う人がよくいますが、時効になってしまうと一切取り戻すことができなくなってしまいます。取り戻せるうちにちゃんと取り戻しましょう。

「もしかしたら自分にも過払い金があるかも」と思っている人は、早めに過払い金の有無を調査してみてください。

文:高橋健太郎(司法書士)

関連記事