ヤミ金からお金を借りてしまった…借金の厳しい取り立てに悩んでいます

いけないとわかっていても、お金を貸してくれるところがなく、ヤミ金に手を出してしまったTさん。重い利息と厳しい取り立てに悩んでいますが、こうしたヤミ金からの借金でも返済義務はあるのでしょうか?

ヤミ金からはお金を借りない

結論から言うと、ヤミ金にお金を返す必要はありません。ヤミ金からの要求に対しては、一切突っぱねる対応で大丈夫です。

ヤミ金とは、法律に反した高金利を要求する貸金業者のことですが、このような業者との借入れ契約自体が無効であるからです。したがって、高い金利はもとより、すでに借りている元本部分についても、返す必要は一切ありません。

ヤミ金に対しては屈する必要はないものの、対応は煩雑ですし、勇気もいるでしょう。弁護士に依頼することが一番ですが、お金もかかります。

つまり、ヤミ金に対する一番の対応方法は、そもそもヤミ金からお金を借りないということに尽きるのです。

債務整理はヤミ金からの借金でもできる?

ところで、借金への対応として債務整理がありますが、ヤミ金についても債務整理ができるのでしょうか?

ネットでは、ヤミ金でも債務整理ができると説明しているサイトもあります。しかし、ヤミ金に対する債務整理は、通常の債務整理とは異なります。

一般的な債務整理とは、利息制限法の制限を超えた利息を引き直して、借金を計算し直すことを指します。通常の貸金業者は金融庁の監督を受けており、法律にしたがって債務整理に応じてくれます。しかし、ヤミ金は貸金業の登録すら受けず、違法に営業をしているのですから、法律にしたがった対応をやすやすとはとってくれないでしょう。

ヤミ金に対する債務整理とは、ヤミ金に対する全般的な対応を意味します。例えば、次のような対応です。

  • 電話を着信拒否にする
  • 弁護士から受任通知を送付する
  • 今後は支払わない
  • 刑事告訴
  • 犯罪利用預金口座等に係る資金による被害回復分配金の支払等に関する法律(「振込詐欺救済法」と呼ばれる法律)に基づいて、振込口座の預金を凍結し、そこから被害を回復する

会社や親類の家にまで取り立てにくる場合

ヤミ金の取り立ては、本人だけでなく、勤務先や場合によっては親類宅にまで押しかけてきます。このような場合、とにかく警察に被害届を出します。場合によっては、刑事告訴も考えたほうがよいでしょう。

しかし、それでも、警察が捜査に着手するには時間がかかります。まずは、弁護士に相談して、弁護士からヤミ金に受任を通知してもらい、それと並行して警察への対応もしてもらうというのがよいでしょう。

ヤミ金もビジネスとしてやっています。弁護士が介入し、回収の可能性がない案件にまで、かかずり合おうとはしないことのほうが多いです。

また、弁護士に依頼すれば、振込詐欺救済法に基づく被害回復なども検討してもらえますし、法律の専門家として警察への対応も十分に知っています。まずは、弁護士に相談すべきです。

まとめ

ヤミ金からお金を借りてしまっても、借入れは無効であり、元本も利息も一切返す必要はありません。ですが、1人では対応が難しいのも事実。しかし弁護士に頼めば、ヤミ金からの借金も債務整理してもらえますし、会社などに押しかけてこられる可能性も少なく、仮に押しかけてきたとしても刑事告訴や振込詐欺救済法に基づく対応など、しっかりとした対応をしてもらえます。

文:竹内亮平(弁護士)

関連記事