父から相続した農地を勝手に使用している人がいる…

10年前に田舎の土地を相続したKさん。相続した土地のなかには、農地も含まれていました。父の葬式後、久しぶりに田舎に戻ってみると、相続した農地を20年前から近所の人が使っているというのです。これは不法占拠になるのでしょうか? それとも相手のほうが時効による取得を主張できるのでしょうか。

一定期間継続して占有していたら?

民法には、一定期間、他人の物を「所有の意思」をもって、「平穏」に、「公然」と占有した人は、その物の所有権を取得するという規定があります。これは農地についても同じことがいえます。では、「一定期間」とは、どのくらいの期間を指すのでしょうか?

一定期間には10年の場合と20年の場合がある

10年の場合は、占有している人が物を占有する時点で、その物が他人の物であることを知らず、かつ知らないことについて過失がなかった場合です。

一方、20年の場合は、占有している人が物を占有する時点でその物が他人の物であることを知っているか、知らないことについて過失がある場合です。つまり、20年間「所有の意思」をもって「平穏」「公然」と占有すると、所有権を取得することになります。

ただし、時効による取得(「時効取得」という)を主張するためには、時効の成立を主張する(「時効の援用」という)必要があります。

不法占拠を主張できるか?

今回のケースで不法占拠を主張できるか、検討してみましょう。

もし、近所の人が20年間「農地を借りている」という意思で占有していたならば、近所の人が農地の所有権を取得することはありません。20年前というと、父はまだ存命、つまり遺産の相続前ですので、父と近所の人との間で賃貸借契約などを交わしていた可能性があります。そうであれば、Kさんは不法占拠を主張できません。

次に、近所の人が父やKさんを脅して農地を占有していた場合や、周囲の人に借りている土地だと嘘をついて占有していた場合です。この場合、「平穏」「公然」とはいえないため、近所の人は20年間農地を占有していても、所有権を取得できません。したがって、Kさんは不法占拠を主張できる可能性があります。

最後は、近所の人が「所有の意思」をもって「平穏」「公然」と、20年間農地を占有していた場合です。この場合、近所の人が時効の援用をすれば、時効取得します。したがって、Kさんは不法占拠を主張できないでしょう。

まとめ

せっかく相続した農地が勝手に使われていたら、気分を害するのは当然のことです。しかし、そこで短気を起こしてしまったら、近所の人とトラブルになる可能性もあります。そうならないためにも、近所の人の意思や相続前にどのような約束をしていたのかなどをきちんと確認して、トラブルを回避したいものです。

文:丹所美紀(行政書士)

関連記事