たった1回の浮気でも離婚は免れないのでしょうか?

結婚して10年経つ、とある夫婦。夫婦仲は悪くないのですが、たった一度だけ出来心で浮気をしてしまいました。1回きりなので、二度と相手の女性と会うこともありません。しかし、妻がこれに激怒して「離婚する」と言い出しました。たった1回でも離婚になってしまうのでしょうか?

裁判所が認定する「不貞行為」とは?

不貞行為とは、「配偶者のある者が、その自由意思に基づいて配偶者以外の者との性的関係を持つこと」です。簡単にいうと、浮気をすることを意味します。配偶者のどちらかが他の異性と性的関係を持てば、もう一方の配偶者はこれを理由に離婚の請求をすることができます。

しかし、実際には、裁判所に不貞行為を認めてもらうのは簡単なことではありません。なぜならば、裁判所は詐欺や詐称行為を防ぐために、不貞行為があったことを立証するように求めてくるからです。

離婚を請求する側は、これを立証するために「継続的に不貞行為があった」ことを証明しなければなりません。

たった1回の不貞行為で離婚になるケースは少ない

それでは先述した、たった一度だけ出来心で浮気をしてしまった夫の例はどうなるのでしょうか。

もちろん、一度の浮気でも不貞行為に当たります。しかし裁判になった場合、一度の浮気で離婚が認められたケースはあまりないようです。なぜならば、「継続的に不貞行為があった」ことの立証がないかぎり、裁判所は不貞行為を理由とする離婚を認めないからです。不貞行為を理由に離婚請求をしたいのであれば、ある程度の期間、継続的に交際が続いていたという証拠が必要になります。

それでは、たった一度の浮気であれば必ず許されるのかというと、そうではありません。一度の不貞行為が「婚姻を継続しがたい重大な事由」に当たると裁判所が判断すれば、離婚は認められます。

まとめ

一度の浮気を原因として裁判で離婚請求をされた場合、日頃の夫婦関係や子供の存在などで、出される結論は千差万別です。一般的には、一度の浮気のみを原因として離婚が認められることは少ないようですが、だからといって「たった一度の浮気なら大丈夫だろう」と軽い気持ちでことにおよぶと、後悔することになりそうです。

参考:

『日常生活の法律全集』自由国民社

関連記事