支払い済みのはずの借金の請求書がきたらどうする?

いくつかの借金を抱えていたものの、すべて完済してスッキリしているTさん。ところがある日、支払い済みの借金に利息分がついたとして支払い請求が届きました。なんだか納得がいかないTさんですが、こうした場合はどのような手段をとるべきなのでしょうか?

貸金業者に対して確認をとろう

完済したはずの借金の請求書が突然届いたら、どうしますか? 以前取引のあった貸金業者だったり、支払いが遅れて度重なる督促を受けたことがあったりしたら、急いで支払ってしまいたくなるかもしれませんね。

でも、ここで急いで支払うのは禁物です。Tさんが本当に借金を完済していた場合、もはや利息は発生しないはず。利息を請求しているこの請求書は、架空請求詐欺の可能性があります。

しかし、いくつかの借金を抱えていたTさんは、借金を完済したつもりだったけれど、借金がまだ残っていると言われると、そうだったかもとだんだん不安になってきました。しかしそう思っても、すぐに請求のとおりに支払ってはいけません。まずは、貸金業者に確認をとりましょう。

その際、請求書に記載してある電話番号ではなく、貸金業者の問い合わせ窓口の電話番号を必ず自分で調べて連絡します。契約書やカードなどが残っていれば、相談窓口が記載されているでしょう。

契約書類が残っていなかったり、貸金業界の再編で貸金業者が合併したりして社名が変更になっている場合もあるかもしれません。その場合でも、インターネットを使って調べることができるでしょう。

送られてきた請求書に書いてある電話番号に電話をかけるということは、架空請求であった場合に個人情報を相手に渡してしまうことになりかねません。絶対に避けましょう。

借金が残っていた場合の留意点

業者への問い合わせの結果、まだ借金が残っていることが判明したTさん。「今度こそ払わなくちゃ」と思いますね……。でも、ちょっと待ってください! 時効によって、借金自体が消滅している可能性があります。

最後に貸金業者とお金のやりとりがあったのはいつでしょうか? 取引履歴のわかる書類は残っていないでしょうか? 当時の通帳などに記録は残っていないでしょうか?

最後にお金のやりとりがあった日から5年を経過しているようなら、消滅時効を「援用」することにより、借金の返済を免れることができます。ここで「今なら払えるから」「少額だから」と払ってしまうと、払ったことで時効が中断してしまい、せっかくの時効期間がリセットされてしまいます。そうなると、消滅時効を主張するには、また5年待たなくてはならなくなります。

Tさんは、銀行の通帳に当時の取引履歴が残っていました。確認すると、最後の支払いから5年経過しています。弁護士さんに相談し、時効を援用する手続きをとることで、Tさんは無事支払いを免れることができました。

まとめ

完済したはずの借金の請求書が届いたら「支払わなくては!」と思うかもしれません。しかし、その請求書は架空請求詐欺の可能性も……。慌てて支払ったり、請求書に記載してある連絡先に連絡をとったりしないようにしましょう。

まずは落ち着いて、貸金業者の問い合わせ先を自分で調べたうえで問い合わせしましょう。問い合わせた結果、本当に借金が残っているとわかっても、消滅時効により支払いを免れることができるかもしれません。突然の借金の請求書に困ったら、弁護士等の専門家に相談しましょう。

参考:『借金返済で困ったらこの1冊』石原豊昭・著/自由国民社

関連記事