離別した父の遺産、新しい家庭に子どもがいる場合どうなる?

数十年前に親が離婚したKさん。その後、父は再婚し、新たに2人の子どもがいるようです。父が亡くなり、遺産相続をすることになりましたが、Kさんと再婚後の2人の子どもは、どのように分割することになるのでしょうか?

相続の基本

親の離婚が子の相続にどのような影響があるかを説明する前に、まず、相続の基本的な考え方を説明します。

相続とは、被相続人の死亡によって開始するもので、その相続が開始された時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継するものです。この承継を受ける人のことを「相続人」といいます。

権利だけでなく義務も承継しますので、借金の支払い義務なども、原則的には承継することとなります(承継しなくても済む場合もある)。

それでは、誰が被相続人の財産に属する権利義務を承継することができるのでしょうか。

配偶者がいる場合には、配偶者は常に相続人となります。配偶者以外に相続人になることができる者がいる場合、その者の間には順位があります。まず、被相続人の子が第一順位で相続人となります。次に、被相続人に子がいない場合には、直系尊属(親や祖父母のこと)が相続人となります。さらに、被相続人に子も直系尊属もいない場合には、兄弟姉妹が相続人となります。

2人の子どもが再婚相手の子ども(連れ子)だった場合

それでは、親の離婚が絡んだこの事例の場合、父の新たな2人の子どもが再婚相手の連れ子だった場合にどうなるのかを考えてみます。

被相続人の子は第一順位で相続人となりますが、この「子」というのは、法律上の「子」のことを指します。連れ子は、たとえ実際には亡くなった父との間で親子関係のような親しい関係を築いていたとしても、それだけで、法律上の手続きなしに法律上の「子」とはなりません。したがって、2人の連れ子は相続人となることができず、父の再婚相手とKさんが相続人となります。

その場合の相続分は、父の再婚相手とKさんが半分ずつ相続することになります。

血のつながりを基準に判断される相続

親が離婚したからといって、親子関係が消滅することはありません。これは、親の離婚という事実があっても、父とKさんには血のつながりがあるからです。

民法では、妻(子からみれば母)の婚姻中に懐胎した子は夫の子と推定されます(ただし、この推定は法的手続きにより覆すことができる)。言い換えれば、婚姻中に懐胎した子は、法律上、両親と血のつながりがあるということになります。なお、婚姻中でない時期に懐胎した子に関しては、父が認知の手続きをすれば、法的に父と子の間には血のつながりがあるということになります。

このように、相続は血のつながりを基準に判断されるということがいえます。

それでは、実際には血のつながりがない子を、法律上の子とする方法はないのでしょうか。このことを実現する方法が「養子縁組」です。今回の事例の場合、父と再婚相手の連れ子が養子縁組の手続きをしていれば、再婚相手の連れ子は父の法律上の子となります。したがって、再婚相手の2人の連れ子も、法律上の子として父の相続人となります。

その場合の相続分は、まず、再婚相手とKさんおよび2人の連れ子とで半分ずつ相続します。さらに、法律上の子であるKさんと2人の連れ子の相続分は均等になりますので、それぞれの子が半分の3分の1、つまり6分の1ずつ相続することになります。

まとめ

親が離婚し、別な人と再婚した場合、新しい家庭に子供がいれば、親の離婚前からいる子供にとっては、相続分に影響が出る可能性があります。

Kさんの場合、親の離婚だけを考えれば、母が相続人ではなくなるので相続分は増えます。しかし、親が再婚したことで、再婚相手も相続人となり、その結果Kさんの相続分は減ることになります。さらに、親と再婚相手の連れ子が養子縁組をすれば、さらに相続分が減るということになります。

関連記事