遺産がどれだけあるかわからない…!

遺産分割をする前には、故人の遺産がどれだけあるのかを調べる必要があります。しかし遺産は、通帳に残された預金額だけではありません。遺産にはどのようなものがあるのか、どのようにして調査したらよいのでしょうか。

まず遺品の整理から始めよう

人が亡くなると、故人(被相続人)が残した遺産をすべて洗い出し、相続人の間で分配して承継します。この相続手続きが終わるまで、遺産はきちんと管理しておく必要があります。

当然、遺産には借金も含まれます。被相続人に多額の借金があり、相続人が相続放棄をする際は、被相続人が死亡して自分が相続人になったことを知ってから3ヶ月以内に手続きを行う必要があります。そのため、被相続人にどのような遺産があるのかを知ることは非常に重要です。しかし、相続人が被相続人の遺産すべてを把握していることはほとんどありません。

そこで、まずは遺品の整理から始めます。その際、現金・預金や家財道具など目に見える遺産だけでなく、郵送物や書類などから、ほかにどのような遺産があるのかを調べる必要があります。

不動産は名寄帳や登記簿謄本を取ろう

被相続人の遺産には、土地や家などの不動産が含まれていることもあります。不動産の相続手続きを行うためには、まず、被相続人がどのような不動産を持っていたのかを調べる必要があります。不動産の情報を得るためには、名寄帳や登記簿謄本を利用します。

最初に、名寄帳を市区町村役場で取得します。被相続人の名寄帳を取得すると、被相続人がその市区町村でどのような不動産を持っていたのかを確認できます。ただし、他の市区町村に不動産を持っていた場合や、法人名義の不動産を持っていた場合はわかりませんので、注意が必要です。

次に、登記簿謄本を法務局で取得します。登記簿謄本には、各不動産の種類、広さ、所有者などの情報が載っています。登記簿謄本は、土地や建物の場所がわかれば、誰でも取得することができます。そのため、たとえば名寄帳に掲載されていなくても、あそこに不動産があるということを知っている場合、登記簿謄本を取得すれば、その不動産の詳細を知ることができます。

場合によっては、不動産の管理がしっかりなされておらず、登記簿上の所有者がずっと昔に亡くなった先祖になっているという場合もあります。登記簿謄本はしっかりと確認しましょう。

目録を作って管理する

被相続人の遺産がわかったら、目録を作って遺産を管理します。遺産の目録を作成すると、ひと目で相続財産を把握することができます。

そのため、どの相続人が何を相続するのかを決める際にも、円滑な話し合いを行うことができるでしょう。また、遺産の目録を作ることで、相続財産がどの程度あるのか、つまり相続税の納税が必要かどうか、必要であればどの程度必要なのかも計算しやすくなります。

このようにして遺産の目録を作り、相続手続きを終えるまで管理します。

まとめ

遺産を調べるには、遺品整理から始め、名寄帳や登記簿謄本などから不動産の詳細を確認します。最後に、それらすべてを目録にして管理します。相続人全員が協力して遺産目録を作り、円滑に遺産の分割をしたいものです。

文:丹所美紀(行政書士)

関連記事