医者が後遺障害診断書を書いてくれない…どうしたらいい?

交通事故でムチ打ちになったMさん。症状が一進一退なことから医者に後遺障害診断書をお願いしましたが、書いてくれません。書いてもらうには、どうしたらいいのでしょうか?

後遺障害診断書とは何か

後遺障害診断書とは、後遺障害等級認定をしてもらうために必要となる診断書です。後遺障害に対しては、自賠責保険から支払いがなされますが、それは、後遺障害等級認定をされた後遺障害でなければなりません。そこで、その認定をしてもらうために必要な書類が後遺障害診断書です。

このように、普通の診断書とは異なり、後遺障害について、一定の認定のために必要となる書類が後遺障害診断書なのです。

医者が後遺障害診断書を書いてくれない理由

後遺障害診断書は、普通の診断書とは異なります。ですから、医者が、後遺障害診断書を書いてくれないということも、時折あるようです。

というのも、医者は後遺障害についてよく知りません。一般的な用語として、後遺症というものがありますが、後遺障害は自賠責に関するものであり、後遺症とは微妙に異なります。ですから、医者が、自分にはよくわからない後遺障害診断書という書面を書いてくれないということもあるのです。

また、こちらはより心理的な理由ですが、後遺症にしても、後遺障害にしても、医者が直せなかった結果を意味します。厳密には違うのですが、このように考える医者は多いでしょう。

とすると、医者からしてみれば、後遺障害診断書を書いてくれというのは、患者さんに対し、自分の失敗を赤裸々に書いてくれといわれるのに等しいわけです。このような心理的な側面からも、後遺障害診断書を書いてくれないこともあるようです。

医者に後遺障害診断書を書いてもらうためには

まずは、なぜ書いてくれないかを把握することです。本件の場合、「ムチ打ち」ということですが、症状が一進一退ということなので、後遺障害にあたらないと考えているのかもしれません。その場合は単なる診断書をもらうことになります。

そして、理由がわかったら保険会社に相談しましょう。保険会社は医者との対応にも慣れていますので、力になってくれるでしょう。また、ムチ打ちという件でも慣れているはずです。

文:竹内亮平(弁護士)

関連記事