自転車をよけようとした歩行者が転倒…治療費は払うべき?

自転車で歩道を走っていたら、自転車をよけようとした歩行者が転んでケガをしてしまいました。直接ぶつかったわけではなくても、治療費を払わなければならないのでしょうか?

ぶつかっていなくても交通事故になる

接触がないのに事故というのは、違和感があるかもしれません。しかし、車が急に飛び出してきた事例を考えれば、接触がない事故でも責任を負う場合があるということは理解できるかと思います。

当然ですが、転倒して打ちどころが悪ければ、重傷を負う可能性もあります。実際、飛び出した車両に驚いた高齢者が転倒し、頭を打って亡くなったという死亡事故も発生しています。「ぶつかっていないから大丈夫」という発想は、絶対にやめましょう。

過失が問われる要件

そもそも、交通事故で責任を負うのは、過失がある場合です。「過失」というのは、ざっくりといえば、交通事故の発生が予想できたことと、それを回避することができたにもかかわらず、予想し、回避する義務を怠ったことを指すといわれています。

ですから、事故の結果が予測できない場合や、予測できても回避することができなかった場合などは、過失が認められず、事故の責任を負わないのです。

歩道を走っていた自転車に責任はあるか?

法律上は、自転車も車と同じ車両ですから、基本的には車道を走らなければなりません。例外的に、歩道を走ることができる場合もありますが、その場合でも、歩道は歩行者優先です。歩行者の邪魔になる場合は、自転車が止まって道を譲らなければなりません。

今回の場合、自転車をよけようとしたということは、自転車のせいで歩行者が歩道を通れなかったということだと思われます。また、自転車で歩道を走っていれば、よほど広い歩道でなければ、慎重に走らないと接触などによる事故の危険があるとわかるはずです。したがって、この場合も、責任を負う可能性が高いといえます。

ただし、具体的な交通事故で、過失があるかないか、その割合はどのくらいかというのを判断するのは、簡単ではありません。その場の状況によって結論が大きく変わることも珍しくありませんので、大事になるようであれば、しっかりと専門家に相談したほうがよいでしょう。

まとめ

歩行者と直接ぶつかっていないのに交通事故になるというのは違和感があるかもしれませんが、自動車の飛び出しで歩行者がケガをした場合、自動車の運転者は事故の責任を負います。同様に、法律上、歩道を走っていた自転車をよけようとして歩行者がケガをしたならば、自転車と歩行者が接触していなくても、自転車の運転者は、交通事故の責任を取らなければなりません。

文:石崎冬貴(弁護士)

関連記事