亡き父の忘れられた遺産。突然、連帯保証が回ってきたら、どうする?

相続が一段落ついたと思ったら、亡き父が連帯保証人だったことを知りました。父が連帯保証人だったことなどまったく知らずにいたので、突然のことで困っています。支払う余裕などないのですが、支払わなければならないのでしょうか?

連帯保証は相続されるのか?

お父様が亡くなられた場合、残された奥様やお子様がその財産を相続します。家やお金などのプラスの財産を相続するのはもちろん、借金などの負債も相続の対象となります。それに加えて、お父様が請け負っていた連帯保証人の地位も、相続の対象となるのです。

保証ですから、主たる債務者がしっかり支払いをしている場合は、問題は生じません。しかし、債務者が支払うことができなくなると、保証人に請求がきます。つまり、父親が連帯保証人であった場合、保証人の地位を相続していることになる奥様やお子様に、いきなり請求がくることになるのです。

支払いできないときはどのような手立てがあるか

相続した連帯保証の金額によっては、支払えないこともあるでしょう。そもそも、相続財産はほとんどなかったのに、連帯保証の債務だけ負担するのは納得いかないはずです。

そのような場合には、相続放棄という制度があります。相続が起きたことを知ってから3ヶ月以内に、家庭裁判所に対して相続放棄の申し立てをすれば、債務を引き継がないで済みます(ただしこの場合、財産のほうも引き継ぐことはできません)。

3ヶ月を過ぎたらどうするのか

問題は、亡くなった父親の連帯保証を知った時に、すでに3ヶ月以上経過していた場合です。こういうことはよくあります。債権者のほうも、相続から3ヶ月以上経つまで待ってから、相続人に請求してくることもあります。

それでは、その場合には相続の放棄は認められず、連帯保証の負債を支払うしかないのでしょうか? 

いいえ、必ずしも相続放棄が認められないことはありません。このような場合でも、相続として債務を負ったことを知ってから3ヶ月以内であれば、相続の放棄の申請を、家庭裁判所で受け付けてくれることはあります。

亡くなった父親が連帯保証をしていたのは知っていたが、まさか自分が本当に支払うことになるとは思わなかったといった場合もあるでしょう。そのような場合も含めて、とりあえず家庭裁判所に相続放棄を申し立てておくことが大切です。

まとめ

相続後に、父親が連帯保証をしていたことが判明し、しかも支払えないような金額を請求されたら、遺族は困ってしまうでしょう。しかし、相続では負債も対象となりますから、父親が請け負っていた連帯保証人の地位も相続の対象となり、債務も支払わなければなりません。

このような場合、相続放棄をすれば問題は解決できます。通常、相続放棄は相続を知ってから3ヶ月以内に申し立てしなければなりませんが、被相続人の連帯保証をあとから知った場合には、相続の放棄ができる場合があります。知ったらすぐに、家庭裁判所に相続放棄の申し立てをしましょう。

文:大山滋郎(弁護士)

関連記事