免責されても残る債務とは、どういうもの?

自己破産してもすべての借金から解放されるわけではないことを知っていましたか? 実は、ある種の債務は、自己破産しても残るのです。では、自己破産しても残る債務とはどんなものでしょうか?

自己破産における免責とは何か

前提として、自己破産でよく聞く「免責」とは何か、確認しておきましょう。

裁判所によって自己破産が認められれば、借金を支払う義務を免れることができます。つまり、借金が帳消しになること=「免責」です。自己破産の申請をして、裁判所で免責許可決定がされると、原則として免責され、借金を支払う債務責任がなくなります。

自己破産しても支払わなければならない債務

しかし、例外的に自己破産をしても免責されない債務があります。これらは法律上、「非免責債権」と呼ばれ、自己破産をしても帳消しになりません。下記に、具体的な非免責債権を説明します。

  • 税金や罰金、過料などの公的な債権

    滞納していた税金や国民年金、健康保険、罰金などは、破産によっても免責されません。

    もっとも、国民年金は経済的理由で支払えない場合、申請により保険料の免除や納付の猶予が受けられます。未納のままにしておくと、将来的に年金が受け取れない可能性もあります。払えない場合は、社会保険事務所に保険料の免除や、納付猶予の申請をしましょう。

    また、国民健康保険も保険料の軽減・減額・免除が受けられます。市区町村により減免の条件は異なります。詳しくは住まいの市区町村役場に相談しましょう。

  • 悪意をもって加えた不法行為による損害賠償請求権

    積極的な加害の意思ないし不正に他人を害する意思をもって加えた不法行為による損害賠償請求権は免責されません。

    例えば、クレジットカードの請求が届いても支払わないまま、カード会社に迷惑がかかると認識しながらクレジットカードを利用して商品代金を支払った場合などです。このように、いわばクレジットカード詐欺が成立するような場合には、自己破産手続きをしても免責されません。

  • 故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権

    交通事故の損害賠償請求権であれば、わき見運転による交通事故の損害賠償請求権は免責されますが、飲酒運転や猛スピードでの運転で事故を起こし、危険運転致死傷罪の適用になるような事故の損害賠償請求権は免責されません。

  • 夫婦間の婚姻費用分担請求権・子に関する養育費請求権

    自己破産しても、妻や子どもの生活にかかわる債権ですから、妻に対する生活費の支払い義務や離婚した子に対する養育費の支払い義務は免責されません。

  • 従業員等の給料請求権

    雇い主が破産したことで給料が支払われないとなると、従業員は生活できなくなってしまいます。そのため、給料請求権は免責されず、自己破産をしても従業員等に給料を支払わねばなりません。

  • 破産者が債権者一覧表に記載しなかった債権

    破産者の過失によって債権者一覧表に記載しなかった債権は、免責されません。しかし、破産者が過失なく債権者一覧表に記載しなかった債権は免責されます。

まとめ

自己破産をすれば、原則として借金は帳消しになります。しかし、自己破産しても支払わねばならない非免責債権があります。したがって、借金の中で非免責債権の割合が大きい場合、自己破産をしても生活を立て直せるほどのメリットを得られない可能性もあります。自己破産を行うにはよく考え、慎重に行いましょう。

参考:破産手続きに関するQ&A|鳥取地方裁判所・鳥取家庭裁判所

関連記事