夫の死亡後、姻族関係終了届を出すと、夫の親兄弟とは縁が切れるのか?

夫が死亡したのですが、友人に姻族関係終了届を出したほうがいいと勧められました。姻族関係終了届を出したときのメリットとデメリットを教えてください。

姻族関係終了届とは何か

結婚によって、血のつながりのない配偶者の両親や兄弟と姻族関係が結ばれます。また、離婚をすれば、婚姻関係が終了するとともに、姻族関係も自動的に終了します。

しかし、配偶者のどちらかが死亡した場合、婚姻関係は終了しますが、配偶者の親兄弟との姻族関係はそのまま継続することになります。

配偶者亡きあと、これ以上、亡き配偶者の両親や兄弟、その他の親戚とはもう親戚づきあいをしたくない、縁を切りたいのならば、姻族関係終了届を本籍地または住居地の市区町村に提出します。これだけで、姻族関係は解消することができます。

姻族関係終了届は、あくまでも本人の意思のみで提出することができます。提出にあたって、配偶者の血族の了承をとる必要はありません。配偶者の死亡届が出されたあとであれば、いつでも届け出ることができ、届け出をした日から姻族関係は終了します。

姻族関係終了届を出したときのメリット

それでは、姻族関係終了届を提出することでメリットはあるのでしょうか。

姻族関係終了届を出すと、配偶者の親兄弟の扶養義務がなくなる

一番大きなメリットは、配偶者の親兄弟の扶養義務がなくなることです。例えば、配偶者が生きているときは「義理の親だから」と世話をしていたとしても、姻族関係終了届を出せば、その役割から解放されます。これは、以前から折り合いが悪かったりする場合は、大きなメリットといえるでしょう。

また、姻族関係終了届を出したら、遺産相続したものを返さなければいけないのではとか、遺族年金は引き続きもらえるのかしらと不安に思う人もいらっしゃることでしょう。しかし遺産はそのまま受け取ることができますし、遺族年金もこれまで通り受給することができます。

戸籍を分けたいときは復氏届を提出する

ここで注意したいのが、姻族関係終了届を出したからといって、自動的に配偶者と戸籍が別々になるわけではないということです。もし、夫の戸籍から外れたいのならば、復氏届の提出を、本籍地または住居地の市区町村へする必要があります。そうすれば旧姓に戻ることができます。

ただし、復氏届で旧姓に戻ることができるのは、あくまでも本人だけです。配偶者との間に子どもがいる場合、子どもはそのまま配偶者の戸籍に残ることになりますので、このことにはよく注意してください。

なお、子どもを自分の戸籍に入れる場合には、家庭裁判所に子の氏の変更許可申立書を提出して許可をもらい、入籍届をするという、ちょっと面倒な手続きが必要になってきます。

まとめ

配偶者のどちらかが死亡した場合、婚姻関係は終了しますが、配偶者の親兄弟との姻族関係は継続します。亡き配偶者の親兄弟とはどうしても馬が合わないなど、血がつながっていないがゆえの悩みを抱えているのならば、姻族関係終了届を出すことをお勧めします。

姻族関係終了届を出す最大のメリットは、亡き配偶者の親兄弟の扶養義務がなくなることです。なお、姻族関係終了届を提出したからといって、相続した遺産を返す必要はありませんし、遺族年金もこれまで通り受け取れます。

また、姻族関係終了届と戸籍はまったく関係がありません。戸籍を分けたいのであれば復氏届の提出が必要です。さらに、子どもを自分の戸籍に入れるには、子の氏の変更許可申立書を提出するなどの手続きが必要となります。

  • 参考:婚姻関係終了届とは|税理士法人チェスター

関連記事