無灯火の自転車とスマホで動画を見ながらの自転車が衝突。過失割合はどうなる?

無灯火の自転車運転も、スマホで動画を見ながらの自転車運転もどちらにも過失がありますが、この2者がぶつかり、ケガをしたり、持ち物が壊れたりしたら、どちらがどれだけ損害賠償をするのでしょうか?

交通事故における「過失割合」とは?

交通事故に遭った被害者は、持ち物が壊れて修理費がかかったり、ケガを治すための治療費がかかったりした場合に、その費用を加害者に対して損害賠償として請求することができます。

ですが、事故を起こしたことについて被害者自身にも落ち度があった場合は、損害の全額を加害者に負担させるのは不公平ですので、法律上、賠償額の減額が認められています。この場合、減額された分の損害は被害者自身で負担することになります。このように、被害者の過失によって賠償額が減額される仕組みを「過失相殺」といいます。

では、どの程度の過失があれば、どのくらい賠償額が減ってしまうのでしょうか?

交通事故の場合、裁判所や保険会社の考え方では、被害者と加害者の過失を相対的に比較して、例えば100%加害者が悪いとか、80%は加害者が悪いけれども20%は被害者も悪い、というように、両者の過失の割合に応じて過失相殺の程度を決めます。これを「過失割合」と呼んでいます。

例えば、被害者に50万円の損害が生じた場合、過失割合が加害者100:被害者0であれば、被害者は加害者に対して50万円全額を請求できますが、加害者80:被害者20であれば、50万円×80%=40万円しか請求できず、加害者60:被害者40であれば、50万円×60%=30万円しか請求できない、と計算されます。

交通事故の過失割合はどう決める?

交通事故のパターンによって基本的な過失割合が決まっている

では、交通事故の過失割合はどのように決められるのでしょうか?

交通事故については、東京地裁が今までの数多くの判決を分析したうえ、過失割合を判断してまとめた「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(以下、「認定基準」)という基準が、裁判や保険会社で広く用いられています。この基準では、何種類もの交通事故のパターンがカタログのように並んでいて、それぞれについて基本的な過失割合が示されています。

例えば、ほぼ同幅員の道路が交わる信号のない交差点で、自動車同士が出会い頭に衝突した場合、左方から進行してくる車両が優先するという原則があるので(道路交通法36条1項1号)、基本的な過失割合は、左方から来た車:右方から来た車=40:60と決められています。

個別事情によって過失割合が修正される

認定基準では、この基本的な過失割合に加えて、事案ごとの個別事情も考慮できるようになっています。

例えば、上で挙げた出会い頭の事故が、見通しのきく交差点で起きたというような個別事情がある場合、右方から来た車は、左方からの車を認識しやすく、より一層左方優先の原則を守るべきだったといえるので、右方からの車の責任が加重され、過失割合が30:70に修正されます。逆に、左方から来た車に脇見運転などの著しい過失があったという個別事情がある場合には、左方からの車の過失割合が基本の割合より10%上がり、50:50に修正されるとされています。

以上のように、上記認定基準においては、まずは交通事故のパターンによって基本的な過失割合が決まり、さらに個別事情を考慮して過失割合を修正するという考え方がとられています。

自転車同士の交通事故の過失割合はどうなるか?

自転車同士の交通事故はパターン化されていない

以上のように、認定基準は比較的容易に過失割合を算出できて大変便利ですので、本題である自転車同士の交通事故についても認定基準を使いたいところです。

ですが、認定基準では、歩行者と自転車、自動車と自転車の事故についてはパターン化されているものの、自転車同士の事故については検討・議論が不十分ということで、残念ながらパターン化がされていません。

認定基準がないのであれば、認定基準を作る基になっている、これまでの裁判例に目を向けるしかありません。そこで、実際の自転車同士の事故の裁判例を見てみると、自動車同士の事故と同じ過失割合で判断している判決もあれば、自動車同士の過失割合を多少修正した数字で判断している判決もあり、判断はまちまちです。

例えば、ほぼ同幅員の道路が交わる信号のない交差点で、自転車同士が出合い頭に衝突した事例をみてみると、自動車の場合と同じく道路交通法上の左方優先の原則を考慮して、左方から来た自転車:右方から来た自転車=40:60と判断した判決もあれば、自転車運転者に道路交通法が十分浸透していないことから、左方優先のような道路交通法の規定をさほど重視せず、50:50と判断した判決も少なからずあり、統一的な見解がないのが現状です。

そこで以下では、自転車同士も自動車同士と同じ過失割合基準が適用できるという前提に立って考えてみたいと思います。

無灯火自転車とスマホ注視自転車との交通事故の過失割合

仮の状況設定として、ほぼ同幅員の道路が交わる信号のない交差点で、夜間に左方から無灯火の自転車Aと、右方からスマホ画面の動画を注視しながら運転する自転車Bがそれぞれ来て、出会い頭に衝突した事例を考えてみましょう。

まず、自転車同士も自動車同士と同じく認定基準が使えるとの前提から、基本的な過失割合はA:B=40:60となります。

次に、個別事情を考慮します。Aの夜間無灯火は認定基準において、道路交通法52条1項に違反する「著しい過失」に該当するとされ、Aの責任を10%上げる修正要素となっています。他方、Bのスマホ注視行為も、道路交通法71条6号・東京都道路交通規則8条4号(東京都内の事故の場合)に違反する「著しい過失」に該当するとされ、相対的にAの責任を10%下げる修正要素となっています。

以上の個別事情を考慮した結果、修正要素はプラスマイナス0となり、結局、基本的な過失割合である40:60になると考えることができるでしょう。つまり、自転車Aの運転者が10万円の損害を受けた場合、そのうちの60%である6万円のみを、自転車Bの運転者に対して請求することができるということです。

過失割合はケースバイケース

以上は、特定の事故の状況を想定して計算した一例にすぎません。

今まで説明してきたように、認定基準を使うにしても、事故の発生場所・発生状況によって基本的な過失割合がまず異なりますし、自転車の速度、減速・徐行の有無、事故現場の見通しの良さ、ブレーキをかけたかどうかなどの個別事情によっても大きく変わってきます。

そのため、過失割合の算定には専門的な判断も必要となってきます。損害額を左右する重要な要素でもありますので、実際に自転車で交通事故に遭われた場合の過失割合については、専門家に相談するのが無難でしょう。

まとめ

過失割合とは、交通事故の損害賠償額を被害者の過失の程度に応じて減額するための数値のことです。東京地裁作成の過失割合の認定基準では、交通事故の状況によって基本的な過失割合が決まり、さらに個別事情を考慮して過失割合を修正します。

自転車同士の事故について自動車同士の事故の認定基準を流用した場合、自転車の無灯火の自転車の過失は10%上がり、スマホ画面注視の自転車の過失は10%下がります。結果、基本的な過失割合がそのまま適用されることになるでしょう。

文:奥山光幸(弁護士)

参考:

  • 東京地裁民事交通訴訟研究会編『民事交通訴訟における過失相殺率等の認定基準(全訂5版(別冊判例タイムズ38号))』判例タイムズ社、2014年
  • 財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部過失相殺研究部会編著『自転車事故過失相殺の分析―歩行者と自転車との事故・自転車同士の事故の裁判例』ぎょうせい、2009年

関連記事