生命保険金は相続財産じゃないの?

父親と娘2人の3人家族ですが、先日、父親が亡くなりました。父親には、父親自身が保険金を負担して姉が受取人になっている生命保険1,000万円と、現預金が2,000万円あります。姉が受取人となっている生命保険金は相続財産でしょうか? また、相続手続きの際に姉が受取人になっている生命保険金を2人で分けると贈与税がかかるのでしょうか?

生命保険金は相続財産?

生命保険金の受取人が誰であるのか、またほかの相続人にも平等に分割されるものであるかは大きな関心事でしょう。この点につき、一般的に生命保険金は指定された受取人が直接取得するものであり、相続財産には含まれないと考えられています。

ただし税法上は、被保険者、保険料の負担者、保険金の受取人が誰かにより、所得税、相続税、贈与税のいずれかの課税対象となります。

もし、被相続人が保険金を負担していた場合、その生命保険金は相続財産ではないため、遺産分割の対象とはなりません。ただし、税法上は非課税枠を超えた生命保険金には相続税が課税されます。

また、生命保険契約の受取人以外の人が生命保険金を受け取った場合は、生命保険金の受取人から贈与を受けたこととなり、贈与税が課税されます。つまり、生命保険金を受取人が受領した後で分配すると、贈与税の課税対象となってしまうのです。

生命保険金は特別受益になる?

このように、一般的に生命保険金は相続財産に含まれないため、生命保険金の受取人とほかの相続人との間で、相続の際に受け取る金額に大きな差が出てしまうこともあります。そこで生命保険金を特別受益として、本来は相続財産ではない生命保険金を相続分の前取りと解釈し、本来の相続分から一定額を減額するという考え方があります。

この点、最高裁判所は、生命保険金は原則として特別受益に当たらないが、共同相続人との間に著しい不公平が生じる場合には生命保険金を特別受益とすることを認めるという判断をしています。なお、生命保険金を特別受益とするか否かは、生命保険金の額、生命保険金が遺産の総額に占める割合、被相続人と生命保険金の受取人が同居していたか否かなど、個別の事情を細かく判断して決められます。

本事例ではどんな遺産分割になる?

本事例では、生命保険の保険金を被相続人である父親が負担していたこと、受取人が姉であることから、生命保険金は相続税の課税対象となります。生命保険金の非課税枠は500万円×法定相続人の数ですが、本事例において法定相続人は2人であることから、生命保険金の非課税枠は1,000万円となります。そのため、本事例において生命保険金に相続税はかかりません。また相続財産をみても、現預金2,000万円のみであるため、基礎控除の枠内であり、相続税はかかりません。

まず、法定相続分で遺産分割すると、現預金を2分の1ずつ分けることとなり、姉はさらに生命保険金を受け取ることになります。つまり姉は2,000万円を受け取り、妹は1,000万円を受け取ることとなります。

次に、法定相続分で遺産分割した後、姉が生命保険金の半分を妹に渡したら、双方とも1,500万円ずつ受け取ることになりますが、妹は姉から500万円贈与を受けたこととなり、贈与税が課税されることとなります。

一方、もしも生命保険金が特別受益に当たると認められるなら、姉が生命保険金分として受け取る1,000万円を相続分の前取りと解釈し、現預金2,000万円を一定の割合で分割することとなります。

この場合、生命保険金のどれだけが特別受益として認められるかにより、現預金の分け方が異なってきます。例えば生命保険金の全額が特別受益とされれば、相続財産である現預金を姉500万円、妹1,500万円と分割することとなり、公平な結果となります。対して、生命保険金の半額が特別受益とされれば、相続財産である現預金を姉750万円、妹1,250万円と分割することとなり、総額では姉1,750万円、妹1,250万円を受け取ることとなります。

まとめ

生命保険金は金額も大きく、相続手続きの際に争いのもとになることも。相続争いを避けるためにも、生命保険金がどのような扱いとなるのかを知っておくことが大切です。生命保険金の相続についてのポイントをお伝えしました。

文:丹所美紀(行政書士)

関連記事