被相続人の子どもは故人。代襲相続となる孫世代の相続はどうなる?

長寿大国日本。相続発生時に子どもがすでに亡くなっていて、その子ども(被相続人にとっては孫)の世代になっていることも珍しくありません。このようなとき、遺産相続はどうなるのでしょうか? 今回は、被相続人Aに妻Bおよび2人の娘CとDがいて、このうち妻Bと娘Cがすでに亡くなっており、亡娘Cには配偶者Xおよび子どもEとFが、娘Dには配偶者Yおよび子どもGがいる場合について考えてみます。

被相続人の子どもが故人の場合、誰が相続人となる?

今回の事例で被相続人Aの妻Bおよび娘C、Dが全員存命であれば、法定相続人は、妻B、娘C、娘Dの3人となります。そして妻Bがすでに亡くなっている場合の法定相続人は、娘Cおよび娘Dとなります。

では、妻Bと娘Cが亡くなっている場合、誰が相続人となるのでしょうか?

この場合、娘Dだけが相続人になるわけではありません。亡娘Cの子どもEとFも相続人となります。このように、被相続人が亡くなって相続が発生する前に相続人が亡くなっている場合は、その相続人の子どもや孫が代わりに相続人となるのです。これを「代襲相続」といいます。

このとき、相続人である亡娘Cの配偶者Xは代襲相続人にはなりません。娘Cが亡くなったときの法定相続人は、Cの配偶者XおよびCの子どもE、Fですが、被相続人Aの代襲相続人はAの孫であるEとFの2人なのです。このように、娘Cが亡くなったときと、被相続人Aが亡くなり、Aよりも先にCが亡くなっているから生じる代襲相続とでは相続人が異なるので、注意が必要です。

なお、もし妻B、娘C、D全員が被相続人Aよりも先に亡くなっていた場合には、代襲相続が起こり、亡娘Cの子どもE、Fおよび亡娘Dの子どもGの3人、つまりAの孫3人がAの遺産を相続することとなります。

代襲相続したとき、法定相続分の相続割合はどうなる?

今回の事例で被相続人Aの妻Bおよび娘C、Dが全員存命であれば、法定相続分は、妻Bに2分の1、娘Cに4分の1、娘Dに4分の1となります。そして妻Bが亡くなっている場合の法定相続分は、娘Cに2分の1、娘Dに2分の1となります。

では、妻Bと娘Cが亡くなっている場合、法定相続分はどのようになるのでしょうか?

まず被相続人Aの遺産を相続するのは、娘Dと、娘Cの子どもかつAの孫であるEとFの3人となります。代襲相続が発生した場合、元々の相続人の法定相続分を代襲相続人が分割することになります。つまり、被相続人Aの相続人が娘CとDのみであった場合、両者とも法定相続分は2分の1となりますので、娘Dが2分の1、娘Cの子どもEおよびFはそれぞれ4分の1ずつとなります。

同様に、もしも妻B、娘C、D全員が被相続人Aよりも先に亡くなっている場合は、代襲相続人の法定相続分は、亡娘Cの子どもE、Fが4分の1ずつ、亡娘Dの子どもGは2分の1となります。

まとめ

被相続人の子どもが亡くなっていると、普段連絡をあまり取ることのない孫同士で相続手続きを行うこともあり、相続手続きの際に争いのもとになることも。無意味な相続争いにならないようにするためにも、代襲相続という制度を知っておくことが大切です。代襲相続についてのポイントをお伝えしました。

文:丹所美紀(行政書士)

関連記事