勤務中に社用車で交通事故を起こしてしまった……損害賠償はどうなるの?事故を理由に解雇される?

人間であれば、ちょっとしたミスや不注意は起こしてしまうもの。どれだけ気をつけていても、交通事故の加害者となってしまう可能性は誰にでもあるのです。もし営業の外回りなど、勤務中に会社の車に乗っていて事故を起こしてしまったら、損害賠償などはすべて自己負担しなければならないのでしょうか?また、事故を起こしたことを理由に解雇されることはあるのでしょうか?

■社用車で交通事故を起こした責任は誰が取る?

勤務中に社用車で交通事故を起こした場合、加害者となる運転者本人が賠償などの責任を負うことは明らかです。問題となるのは、“勤務中”、そして“社用車”を運転している際の事故であることから、勤務先の会社には責任が生じないのかという点でしょう。

結論からいえば、従業員が勤務中に社用車で起こした事故に関しては、会社もその責任を負います。なぜなら会社は、業務遂行のために人を雇っている者としての責任(使用者責任)と、自動車という危険をともなう乗り物の使用に関する指導・監督、または、自動車の管理を担う者としての責任(運行供用者責任)を負っているからです。

そのため、多くのケースでは、会社が加入する自動車保険から損害賠償などを支払ってもらえます。物損事故なら、車の修理代なども基本的には会社の保険からまかなわれることになります。勤務中に起こした事故ですから、労災保険の適用も可能でしょう。

ただし、スマホを見ていて脇見運転をしてしまった、居眠り運転をしてしまった、信号無視をしてしまったなど、事故が起きた原因にあなた自身の過失があるのなら、いくらか自己負担となる可能性はあります。会社の保険を適用すれば翌年から保険料が上がってしまうので、保険の適用をしぶられることもあるでしょう。

加害者本人と会社がどれくらいの割合で損害賠償を負担するかについては、法律上の規定があるわけではありません。最終的には、両者の話し合いで決めることになります。

■事故を起こしたことを理由に解雇されるのは妥当?

会社が従業員を解雇するには、次の2つの条件を満たさなければなりません。

1.解雇という措置が、客観的に見て合理的であること

2.解雇に至る理由が、社会常識から考えて妥当だといえるほど重大であること

問題は、「勤務中に社用車で交通事故を起こしたことが解雇に至るほど重大か」ということですが、これは交通事故を起こした経緯にもよります。たとえば、ちょっと脇見をしてしまった、前方不注意で車をぶつけてしまったなどのケースでは、確かに事故を起こした本人に過失があるものの、誰でも起こしてしまう可能性があるという範疇のミスであり、これを理由に解雇するのは妥当だとはいえないでしょう。

一方で、事故の原因が、飲酒運転など運転者本人の重大な過失にある場合、解雇に違法性があるとはいえません。特に飲酒運転の場合は、解雇予告や解雇予告手当・退職金などの支払いもない懲戒解雇(ペナルティとしての解雇)も免れないと考えておくべきでしょう。

■大きなトラブルになる前に弁護士へ相談を

損害賠償金や車の修理代を給与から天引きしたり、ちょっとした事故で解雇したりすることは違法です。しかし、会社のほうがどうしても従業員より強い立場にありますし、社用車で交通事故を起こしてしまったという負い目もあれば、たとえ会社の主張が間違っていても、こちらの主張を通すことは難しいかもしれません。

法律の問題は、法律のプロに任せてしまうのが一番。社用車での交通事故で会社ともめてしまったら、不当な処分をだまって受け入れるのではなく、労働問題に強い弁護士に相談してみましょう。

関連記事