結納金も納めたのに婚約を破棄された!まだ結婚してないけど慰謝料って請求できるの?

将来を誓い合った2人。すでに結納まで済ませて、結婚に向けて順調に準備を進めていた矢先、突然相手から婚約を破棄したいと告げられて……。

このようなシチュエーションにはもちろんならない方がいいのですが、もしもこんな状況に陥ってしまったら、あなたはどうしたいですか?自分にまったく非がないのに一方的に婚約を破棄されたら、相手にそれなりの償いをしてほしいと思うのは当然のこと。まだ結婚していなくても、慰謝料を請求することって可能なのでしょうか?

■婚約破棄で慰謝料は請求できる?

結論からいえば、まだ結婚をしていない婚約の段階でも、婚約を破棄されたら慰謝料を請求できます。

もちろん、婚約したからといってお互いに必ず結婚する義務があるわけではありませんし、一度婚約したことを理由に、相手へ結婚を強要することもできません。しかし、婚約も「結婚します」という契約の一種であるからには、守られることが前提。

その契約が相手方の一方的な都合によって守られないのであれば、契約が守られなかったことに対する損害を賠償する(結納金の返還、式場のキャンセル料の支払いなど)とともに、契約不履行によってあなたが負った精神的なダメージに対する慰謝料を支払う義務が、相手に生じます。

しかし、婚約を破棄された理由があなた自身にある場合は、相手に慰謝料を請求することはできません。たとえば、あなたが婚約中に以下のような言動をしていたら、慰謝料を請求できないどころか、逆に相手から慰謝料を請求される可能性もあります。

・婚約者以外の人と関係を持つ

・婚約者に暴力をふるう、相手を侮辱するような言葉をいう

・社会常識を逸した行いをする(ギャンブル依存症、異常な浪費癖など)

・前科や多額の借金といった事実をあえて隠す

など

つまり、何か未来の円満な結婚生活を脅かすような事情があれば、婚約破棄は正当なものと判断され、慰謝料を請求することは難しくなってしまうのです。一方で、単なる性格の不一致や、収入などの条件面が合わないといったことが婚約破棄の理由の場合、あなたに非があるとはいえませんから、相手に相応の慰謝料を請求することができるでしょう。

■自分から婚約を破棄したらどうなる?

「婚約を破棄した側が慰謝料を支払う義務を負う」と誤解している方も多くいますが、婚約破棄の慰謝料に、どちらが婚約を破棄したかは関係ありません。婚約破棄の慰謝料を考えるうえでは、「なぜ婚約を破棄するに至ったか」という理由が何より重要なのです。以下の例を考えてみましょう。

A:あなたとの婚約中に相手が浮気をし、相手から「浮気相手と結婚したくなったのであなたとの婚約を解消したい」といわれた。

B:異性との関係を清算せず、相手はあなたとの婚約中も別の人と関係を持っていた。その事実を知ったあなたは、相手に婚約を解消したいと申し出た。

婚約を破棄したのは、Aのケースでは相手、Bのケースではあなたです。しかし、婚約破棄に至ったのは、A・Bいずれのケースも相手の浮気(不貞行為)が原因。慰謝料を支払うのは、どちらのケースでも相手方となります。

■婚約破棄の慰謝料額ってどれくらい?

裁判所の判例では、婚約破棄の慰謝料は30~300万円ほどと事案によって大きく差があります。

婚約は、お互いに「結婚をする」という意思があれば、口約束でも成立するもの。そのため、指輪の交換や結納、式場の予約、といった結婚に向けての具体的な行動を取っていない段階でも、婚約破棄の慰謝料を請求することはできます。

しかし、婚約の事実が2人だけのものである、あるいは、周囲にその事実を知っている人が少なければ、婚約破棄による精神的なダメージも小さいと判断されます。婚約破棄に至る理由にもよりますが、婚約から婚約破棄までの期間が短いほど、慰謝料額は低くなると考えられるでしょう。

一方で、指輪交換、両家顔合わせ、結納、式場予約、挙式、披露宴、と段階が進むにつれて婚約破棄による精神的なダメージも大きくなり、慰謝料額は高額になると考えられます。また、特に女性の場合、婚約を理由に退職していたり、すでに妊娠・出産していたりすると、婚約破棄による精神的なダメージが多大なものになることはもちろん、社会的な地位などにも影響することになります。この場合、慰謝料はさらに高額になると考えられるでしょう。

関連記事