架空請求の対処方法について

事務所検索(事務所名/地域)

架空請求が来た!

架空請求が来た!

パソコンや携帯電話のE-mailやハガキにて、「情報サイトの登録料金」や「未納利用料請求」など、心当たりのない内容の請求が届いたことはないでしょうか?
なかには「裁判」「訴訟」などの言葉をちらつかせ、早急に請求金額を振り込むよう促す内容のものも増えてきました。

特にその内容が「アダルトサイトの利用請求」などであった場合は、周りの人にも相談しづらく、それらのサイトを利用した経験もあるため、つい「自分の事だ」と思ってしまい請求に応じてしまいたくなる気持ちもわかります。

しかしこれらは架空請求の可能性が高いです。
請求金額を支払ってしまう前にもう一度よく確認しましょう。

これらの架空請求の対処方法としては、「無視」をするのが一番です。
身に覚えのない請求であれば支払う必要がございません。
もしこちらから連絡をとってしまえば、あなたの個人情報を与えてしまうこととなってしまいます。
また、万が一支払いに応じてしまえば今後は格好の標的とされ、より多くの架空請求が届くことになるでしょう。
これらのメールを受け取らないように、メーラーにて「受信拒否」の設定を行うのもよい手段です。

最近は面白半分に業者に電話をし、からかったりする人たちもおり話題になりました。
上記の通りこれ以上あなたの個人情報を渡さないためにも、こちらから連絡をすることは控えましょう。
万が一相手の業者が法律に精通した人間の場合、逆に法的に罠を仕掛けられる恐れがあります。

また最近では誰もが知っている企業の名前を語ったり、それらの企業名を一文字だけもじった名前にて架空請求を送りつけてくる業者も増えてきております。
こういった場合は自分にも身に覚えがあると勘違いしがちなので注意が必要です。今後何かあったときのために届いた請求書は保管しておきましょう。

【消費者問題のこと】トピックス一覧

ページトップへ戻る