インターネット・オークションでのトラブル

事務所検索(事務所名/地域)

インターネット・オークション詐欺

インターネット・オークション詐欺

インターネット・オークションとは、売り手がインターネット上のオークションサイトに売りたい商品を出品し、買い手が希望価格を入札して商取引を行う事を言います。

Yahoo!オークションやビッダーズが有名ですが、これらは個人対個人でも取引が可能であり、掘り出し物も多く見つかるため、多くのユーザに利用されています。
しかし、これらは便利な反面匿名性が強いため、多くのトラブルが起こっているというのも事実です。

今回はこの「インターネット・オークション詐欺」について記載させていただきます。
対策方法なども記載しておきますので、ぜひ参考にしてください。

詐欺行為を行った事例として、

  • 落札者が落札価格を振り込んだにもかかわらず商品を発送しなかった。
    逆に商品を発送したが、代金が振り込まれなかった。
  • 届いた商品がインターネット上に掲載されていた写真のものと違うものだった。
  • 届いた商品が壊れていた。

などがあります。

また、中には「次点詐欺」といって、2番目、3番目あたりの入札をおこなった人間に対して直接メールにて交渉を持ちかけ、詐欺行為を行うといったものもあったりします。

これらの被害にあわないためにも、以下のような事に気を付けてオークションを行う必要があります。

  • 落札後のやり取りを行う際には電話番号やメールアドレス、住所なども教えてもらう。
  • 代金の支払い方法を確認する。
  • 入札前に出品者の評価を確認しておく。
  • 直接連絡があってもオークションサイト外の取引には応じない。

インターネット・オークションは大変便利なため利用される方も多いかと思いますが、トラブルに巻き込まれないためにもこれらの事は最低限注意しましょう。

【消費者問題のこと】トピックス一覧

ページトップへ戻る