震災被害に備えて準備は大切です

事務所検索(事務所名/地域)

震災被害お役立ち情報 - 準備万端!いざというときのために

震災被害お役立ち情報 - 準備万端!いざというときのために

日頃は冷静な方でも、非常時には動揺してしまうものです。2011年の東日本大震災のような大きな災害が頻繁に起こるものではありませんが、それでも実際に起こってしまった時に備えがあるのとないのでは大きな違いがあります。いざという時に正しい行動がとれるよう日頃から備えておくべき点をまとめてみました。

いざという時、ご自分や大事なご家族の身の安全を守るためにも、このページをブックマークしていただき、定期的にご家族で確認し合ってみてはいかがでしょうか。

家族でルールを決めておきましょう!

東日本大震災の時も電話やインターネットが寸断され、家族との連絡がつくまでに何日もかかったというケースが多くあったことは記憶に新しいと思います。一緒に暮らしていても、震災発生時間によっては、家と職場、学校など離れたところで被災し、別々に避難することは十分考えられます。一緒に避難出来る場合だけでなく、バラバラに非難する場合と両方のルールを決めておくことが必要です。

1.避難場所と避難経路、家族の集合場所

震災等による緊急時の避難場所や避難経路について確認しておきましょう。日頃、実際に歩いて道順を覚えておくと、いざという時落ち着いて避難出来ます。また、家族がバラバラになった時の集合場所を決めておきましょう。尚、避難場所や避難経路は、土砂崩れや津波、火災などで避難経路が寸断されるという不測の事態に備え、何通りかのパターンを考えておきましょう。

2.安否の確認方法について

家族の安否の確認方法について、確認するルールを決めておきましょう。(災害用伝言ダイヤル171、他府県の親戚など) 携帯会社では災害用伝言サービスを行っており、伝言は他社の携帯やPCからでも確認出来るようになっています。そのため、家族で携帯を所有している場合には有効な手段の一つです。

昔は自宅へ貼り紙をするというのも手段と考えられていましたが、留守を公言するようなものであり、福島の原発避難地域の例を見ても避難中の住宅から略奪の危険があり、その可能性を高くしてしまうとも考えられますので、この方法は最適とは言い難いかもしれません。
ネットが使える環境下であれば、SkypeやLINEのようなネット回線を利用した音声通信が使えます。実際、首都圏で携帯電話が繋がらなかった時期も、スマートフォン同士はSkypeで難なく通話が出来たようです。
SkypeやLINEは、パソコンあるいはスマートフォンがあれば、アプリも番号も無料で入手可能です。

3.避難時の家族の分担について

誰が何を持ち出すか、非常時持出品はどこに置くか、また、子供やお年寄りの避難は誰が責任を持つかなど、役割分担を予め決めておきましょう。

4.家からの避難出口の確保について

万が一、家で火災が発生してしまった場合に炎や煙で決めていた避難出口が塞がれてしまうかもしれません。そういった時に慌てず、安全に避難出来るよう、2方向以上の避難出口を確保しておきましょう。

非常時持出品の準備をしておきましょう!

貴重品 現金、預金通帳、健康保険証、免許証、不動産権利書など
非常食 飲料水、カンパン、缶詰など持ち運びが容易なもの
医薬品 目薬、傷薬、絆創膏、包帯、胃腸薬等常備薬の他、常時服用しているもの
着替え 防寒着、下着、タオルをはじめ、紙おむつなど
その他 懐中電灯、ラジオ、携帯電話、充電器、乾電池予備など

非常時のための備蓄をしておきしょう!

水道・ガス・電気などが復旧するまでに時間がかかる場合もあり、その間の生活を維持するためにも、必要なものを1人3日分を目安に用意しておきましょう。

飲料水 1人1日3リットルが目安です。
生活用水・消火用水 浴槽や洗濯機に貯水しておくと良いでしょう。
燃料 卓上コンロ、ガスボンベ、固形燃料があると重宝します。
非常食 かんパン、缶詰、米、レトルト食品(ごはん、おかず)など。
お年寄りや乳幼児用の食料品を忘れずに!(粉ミルク、お粥等)。
※割り箸、紙コップ、皿、缶切り、栓抜き等の用品もチェック。
その他 毛布、洗面用具などは必需品です。
また、やかん、バケツなども用意してあれば便利です。

【天災に関する法律問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る