現在接近中の台風と過去の台風被害事例について -天災に関する法律問題-

事務所検索(事務所名/地域)

現在接近中の台風と過去の台風被害事例について
-天災に関する法律問題-

身近に迫る大震災の危険

過去の台風被害 - 昭和の三大台風

(1) 伊勢湾台風

1959年9月26日に和歌山県潮岬付近に上陸。本州南海上で急速に発達し、衰えることなく本州を直撃して縦断しました(経路と勢力)。特に伊勢湾では、台風の中心気圧の低さによって海面が吸い上げられ、さらに海水が強風で吹き寄せられる方向に湾が開いていたことが重なり、記録的な高さの高潮が発生しました。愛知県の伊勢湾沿岸での被害は特に大きく、大規模な浸水によって死者4697人、行方不明者401人と合計5000人以上にもなり、負傷者も38921人という人的被害が発生する大惨事となりました。

(2) 室戸台風

1934年9月21日に高知県室戸岬付近に上陸。室戸岬で911.6hPaを観測しましたが、これは当時の記録としてもっとも低い海面気圧でした。上陸後は関西を縦断して北陸地方へと達し、各地に被害が発生しました。
死者は2702人、行方不明者が334人と合計3000人を超え、負傷者は14994人と人的被害は伊勢湾台風につぐ甚大なものでした。特に強風による建造物被害と大雨や高潮による浸水被害のすべてが発生した大阪府では、校舎の倒壊によって教員や生徒が多数死亡するなど甚大な被害となりました。

(3) 枕崎台風

1945年9月17日に鹿児島県枕崎付近に上陸し、枕崎で最低海面気圧916.3hPaを記録しました。当時の気象観測記録によると、宮崎県細島で最大瞬間風速75.5m/sを記録するなど、雨の多さよりも風の強さが顕著なタイプの台風でした。さらに、第二次世界大戦の終戦後わずか1ヶ月で襲来した台風であったこともあり、戦争時の伐採で大雨に弱くなった山々では土砂災害が多発し、特に原爆投下直後の広島県での被害が最大となりました。

現在接近中の台風と過去の台風被害事例について

台風名又は台風番号 人的 住家 耕地 船舶 上陸・最接近年月日
死者
(人)
行方
不明者
(人)
負傷者
(人)
全壊・
流失
(棟)
半壊
(棟)
一部損壊
(棟)
床上浸水
(棟)
床下浸水
(棟)
流失・
埋没・冠水
(ha)
沈没・
流失・破損
(隻)
室戸台風 2,702 334 14,994 92,740 401,157 不詳 27,594 1934年9月21日
枕崎台風 2,473 1,283 2,452 89,839 273,888 128,403 不詳 1945年9月17日
カスリーン台風
(昭和22年
台風第9号)
1,077 853 1,547 9,298 384,743 12,927 不詳 1947年9月15日
洞爺丸台風
(昭和29年
台風第15号)
1,361 400 1,601 8,396 21,771 177,375 17,569 85,964 82,963 5,581 1954年9月26日
狩野川台風
(昭和33年
台風第22号)
888 381 1,138 2,118 2,175 12,450 132,227 389,488 89,236 260 1958年9月26日
伊勢湾台風
(昭和34年
台風第15号)
4,697 401 38,921 40,838 113,052 680,075 157,858 205,753 210,859 7,576 1959年9月26日
平成2年
台風第19号
40 131 16,541 18,183 41,954 413 1990年9月19日
平成3年
台風第19号
62 1,499 170,447 22,965 362 930 1991年9月27日
平成5年
台風第13号
48 396 336 1,448 不詳 3,770 不詳 7,905 不詳 1993年9月3日
平成16年
台風第18号
43 3 1,399 144 1,506 63,343 1,328 19,758 104 1,592 2004年9月7日
平成16年
台風第23号
95 3 721 907 7,929 12,514 13,341 41,006 12,329 494 2004年10月20日

最近の台風被害は拡大しないのか?

上記の表のように死者・行方不明者をはじめ、甚大な人的被害をもたらす台風は最近のものではありません。日本全国で積み重ねられてきた防災対策が着実に効果を上げてきているということも大きな理由としてあるでしょう。しかし、すでに地震災害に関しては、「日本は地震に強くなった」という漠然とした安心感を、1995年の阪神・淡路大震災、2011年の東日本大震災が打ち砕いてしまいました。
台風被害においても、たしかに最近は何千、何万もの人が死傷するような台風被害は起こらなくなっています。
しかしながら、平成16年の台風23号では95人もの人が亡くなり、3人が行方不明、721人もの人が負傷しています。さらに全壊・流出した家屋も907件もありました。たった一度の台風で100人近い人が亡くなり、907件もの家が失われてるという事実は、台風被害を甘くみてはいけないということを物語っているのではないでしょうか。

【天災に関する法律問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る