台風など風水害時に起こる法律問題と被害対策 -天災に関する法律問題-

事務所検索(事務所名/地域)

台風など風水害時に起こる法律問題と被害対策
-天災に関する法律問題-

台風など風水害時に起こる法律問題と被害対策

損害賠償を請求出来ない台風などの天災

台風など風水害が起こった際に多く発生するのが、近隣とのトラブルです。

  • 強風で家のかわらが飛んで隣家の車や家を傷つけた。
  • 隣の庭の植木鉢が風で飛んできて家の壁を傷つけた。
  • ゴミバケツが風で飛ばされ道路に出てきたのを、とっさに避けようとして車が事故を起こした(自損)。
  • 店の看板が風でもぎ取られ、向かいの家のガラスを割ってしまった。

等々がその内容です。

これらに対して家や車に被害を受けた側としては、当然損害賠償を請求したくなるものだと思いますが、損害賠償義務はあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと原則として「賠償義務はない」ということになります。つまり、台風など天災による被害の修復は、自己責任であるということです。
一見、理不尽なような感覚を覚える方もいると思いますが、台風は天災であり、予測できない事態から発生した天災による事故では賠償責任は発生しないというのが法律の考え方です。

例えば逆の立場になって考えてみてください。台風の中であなたの家が火事を出し、たくさんの家に延焼被害を出した場合など、あなたの家がすべての責任を負わなければならないとしたらどうでしょうか。
あなたに明確な責任もなく、あなた自身も被災者であるにもかかわらず、損害賠償だけを負わされてしまうようなことがあっては大変です。
そこで、天災(風災)などの被害で、起こった事故、損害については、その所有者や管理者に明確な管理責任がない場合はその賠償義務を免れるということなのです。

しかしながら、天災だからといって全て責任を免れるという訳でもありません。 普段からちょっとの風で瓦がずれ落ちる状態であったり、家の一部がはがれそうになったりしていて注意を受けていたケースなどは、管理者が予防策をとっていなかったために引き起こした損害として賠償責任が発生する可能性もあります。日頃から自宅の補修に目を配り、台風など風の強い日には庭先に置いてあるものなどが、風で飛ばされないように家の中にしまうなどの注意を心がけることが、不要な法律トラブルを防ぐ一番の方法です。

万が一のための保険

台風などの天災による被害では自己責任で修復しないといけないことはご理解いただけたと思いますが、保険でカバー出来ることが多いのも事実です。例えば住宅の火災保険。火災保険の守備範囲は非常に広く、火災、落雷、破裂・爆発、風災・ひょう災・雪災などの自然災害、建物外部からの落下・飛来・衝突、盗難等々、当然ながら加入する保険によって補償範囲は異なりますが、火災だけが対象ではありません。
火災保険のなかにも洪水や高潮、土砂崩れなどの水災を対象とするものもあれば、対象外とするものもあるので、契約時にかならず確認しましょう

特に注意が必要なのは台風のとき。突風や強風などの風害であれば、ほとんどの火災保険が補償対象にしていますが、台風で床上浸水したときは水災扱いになります。風害による損害でも、家財や建物の被害が20万円以上でないと補償されない場合もあります。
車については車両保険に加入していると、台風や大雨による洪水で車が水没してしまった時も補償されるので安心です。

【天災に関する法律問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る