離婚する場合は、財産分与だけでなく「年金分割」を忘れずに。

事務所検索(事務所名/地域)

離婚する場合は、財産分与だけでなく「年金分割」を忘れずに。

離婚する場合は、財産分与だけでなく「年金分割」を忘れずに。

意外と知られていない?「年金分割」

2007年4月からスタートした「年金分割」とは、その字のごとく年金を夫婦で分け合う制度です。かつての年金制度では、夫婦が離婚した場合、夫の厚生年金は全て夫のものでした。ですから妻が老後にもらえるのは、自身の国民年金のみだったのです。はっきり言えば、結婚期間中家事全般、子育ての苦労は、全く認められていなかったと言えます。

しかし、この制度が導入されたことで、離婚後も国民年金の他に、妻にも年金が支払われることになったのです。この制度が始まってから、熟年離婚が増えているようですが、内容をきちんと把握しておかないと、逆に損をしてしまうこともあります。

夫の年金は必ずしも半分もらえない?

実のところ「年金分割」をしたからと言って、無条件に夫の年金が半分いただけるわけではない のです。

まず分配されるのは、夫の老齢厚生年金のうち、結婚した後の分のみになります。夫が独身時代に支払っていた分は、分割の対象とはなりません。

また、年金分割の比率は、あくまで「最大」で5割ずつです。これは夫婦間の話し合いで決めますが、もしもお互いに納得する条件にならなかった場合は、裁判所の指示を仰ぐことになります。その際、妻としての評価が低いと、割合が下がってしまうこともあるのです。

さらに夫が年金を受け取れる年齢に達しても、妻が受給年齢でなければ支給されません。かなり年上の夫と結婚、離婚となりますと、もらえるまでに時間がかかってしまうわけです。

賢い年金分割は、法律の専門家にお任せ

このように「年金分割」は有り難い制度ではありますが、それなりの制約も生じます。

また離婚すると加給年金もつかなくなってしまいます。ただし、妻が65歳以降にもらえる振替加算は、離婚してもらえることになっています。

せっかくの「年金分割」ですから、加給年金、振替加算などと合わせて、有利に利用した方が老後の生活も安心です。ですから弁護士など法律の専門家と相談して、賢く活用することをおすすめします。

【離婚・男女問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る