「年金分割」請求の手続きには期限がある。それを過ぎると受け取れない?

事務所検索(事務所名/地域)

「年金分割」請求の手続きには期限がある。
それを過ぎると受け取れない?

「年金分割」請求の手続きには期限がある。それを過ぎると受け取れない?

「熟年離婚」したら「年金分割」は必ずもらえると思ってたのに…

増加傾向にある「熟年離婚」。その理由には、「年金分割」制度が適用されたことも影響していると思われます。「年金分割」とは簡単に言いますと、離婚した際、「夫と妻両方あわせた」厚生年金を分割するということです。厚生年金がない妻は夫の年金の最大半分を受け取れることになりますが、夫よりも妻の方が受給できる厚生年金が多いケースは、逆に妻が年金の一部を夫に分割しなければならないこともあり得ます。

「年金分割」請求は離婚後2年以内。

「年金分割」をする場合、カップルによっては割合を協議します。お互いが合意する必要があります。その際の上限は50%。もしも夫婦間で年金分割割合を合意できないのであれば、夫又は妻による裁判手続きによって、年金分割の割合を定めることができます。 しかし、これで終わりではありません。年金分割の割合を決めただけでは、厚生年金は分割されない。つまり受給できないのです。

「年金分割」を受けるためには、離婚した翌日から2年以内に、社会保険庁(請求する側の現住所を管轄する社会保険事務所)に年金分割改定の請求を行う必要があります。請求手続きに必要な書類は、「年金手帳」「国民年金手帳」又は「基礎年金番号通知書」「(婚姻期間等を明らかにすることができる)戸籍謄本」あるいは「抄本」など。詳細は社会保険事務所に前もって確認しておくとよいでしょう。

こんなはずじゃなかったと嘆く前に「法律の専門家」に依頼を。

熟年離婚をする場合、一番大切なのは安定した生活費の確保だといえます。ですから「年金分割」にかんしても、「もらえるのかもらえないのか」「もらえるとしたらいくらくらいなのか」などを、離婚届けを出す前から、離婚に詳しい弁護士や法律専門家に相談しておくのがするのがおすすめです。

もし「年金分割」ができないのであれば、他に収入源を考えなければなりません。前もって弁護士や法律専門家に相談をしておけば、就職の準備なども早めに動けますから、離婚後の生活もスムーズに行きます。

【離婚・男女問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る